TOPページ < 地域別 < 山形市

山形市の看護師求人事情

→看護師転職サイトランキングを見る

山形市は、山形県の中部東に位置しており、山形県の県庁所在地です。山形盆地の南側3分の1ほどを占めています。東南部には扇状地、中央部には田園、東・南西部には山岳地帯、丘陵が広がっています。気候的には、盆地にあるため、寒暖の差が激しくなっています。つまり、夏は暑くて冬は寒いところです。国際的なスキーの大会が開かれるスキー場も密集しており、また蔵王温泉も有名です。山形県には、県指定の文化財や史跡や天然記念物がたくさんあります。無形文化財工芸技術としては、刀劒鍛造、深山和紙があります。後世にずっと残していきたいものですね。

さて、山形市の人口は、およそ25万5000人ほどで、県内では一番人口が多い市となっています。山形新幹線つばさが開通して、東京方面へも2時間半ほどで出て行かれるようになりました。ただ、山形市内はほぼ単線なので、各路線1時間に1〜2本程度の運行しかありません。移動は、バスや車が効率的でしょう。

山形市内には、多くの医療関係の教育施設があります。山形大学医学部をはじめ、山形県立保健医療大学や篠田看護専門学校、山形市立病院済生館高等看護学院、独立行政法人国立病院機構山形病院付属看護学校などです。毎年多くの看護師を輩出しているわけです。しかし、問題としては、県内での就職率が低いことが挙げられます。都会へ出て、スキルアップは図りたいと考える学生が多いのが原因のようです。一度、都会へ行き、高い技術力を習得したのち、Uターン就職してくれるよう、様々なところで模索中です。

山形市内の医療施設は充実しています。一番高度な医療を施すことができる、三次医療機関として、山形大学医学部付属病院や山形県立中央病院があり、山形県内全域をカバーしています。その他に山村地域を支える医療施設や民間総合病院が複数あります。けれども、山形県の看護師の人数は全国平均23位となっています。看護学校を卒業した学生たちが県内にとどまらない傾向にあるので、看護師不足は深刻な問題です。また、地域によっては、医療従事者の数に偏りが見られます。救急医療での不足しがちな診療科目の専門医の育成と地域全域をカバーできる医療従事者の確保が現在の課題となっているようです。また、護師免許を持って看いながら、どこの医療施設にも就職していない潜在看護師も、多くいるので、そうした方々の職場復帰を促す取り組みも行われています。大学では、リフレッシュ研修なるものを実施し、働きやすい環境作りを進めています。山形市内の看護師の求人は、かなり多くありそうです。今後も積極的に看護師確保に力を入れていくと思われます。

山形市の看護師求人をお探しなら以下の転職サイトがオススメ!!

第1位 ナースフル
オススメポイント リクルートが運営する看護師専門サイト!
第2位 マイナビ看護師
オススメポイント マイナビ運営の本格転職エージェント!
第3位 ナース人材バンク
オススメポイント 紹介実績豊富な人気転職エージェント!
ナース人材バンク