TOPページ < 給料・年収 < 夜勤専門

勤務時間帯で異なる手当

→看護師転職サイトランキングを見る

入院設備のある病院に勤務する看護師は、三交代か二交代の違いはありますが、深夜や準夜の勤務は欠かせません。ちなみに「日勤・準夜勤・深夜勤」の三交代制のタイムテーブルは、医療施設によりマチマチですが、日勤(8:00〜16:30)、準夜勤(16:00〜23:30)、深夜勤(23:00〜翌朝8:30)となっています。各勤務時間にある30分のオーバーラップは、持ち時間内の「引継」タイムで、患者の容態やカルテの特筆事項などを伝達する時間です。こうしてみると、看護師という職業は、「風邪気味だから、病院に寄ってくる」とか「子供が熱を出したので遅刻します」などが出来ない職業であることがよく分かります。

実際、医療の最先端で働く看護師たちの職場には感染症の患者やインフルエンザの患者も通院しています。看護師に限らず医療従事者全般に言えることですが、彼らの健康管理は大変なモノで、「手洗い・うがい」だけでなく、消毒の励行などは習慣として身に付いているようです。

また門外漢から見て感心するのは、一般の事務職に就いている人は、「1週間の疲れを次週に持ち越さない」が多いようですが、看護師は常に万全の体調で仕事に臨む人が多いことです。医療従事者としての職業意識は驚く程高く、看護師の特色の一つでしょう。これも病院によって異なりますが、深夜勤務は1ヶ月7〜8日以内と法律で定められているので、現在ある人員でローテーションを組み三交代なり二交代が決められています。

しかし絶対的な看護師不足のなかでは、深夜勤務をアルバイトや派遣看護師に依頼する病院も少なくないようです。気になる深夜勤務手当は、病院や施設によりマチマチでした。というのは法律で定められた、深夜勤務の対象になる時間は22:00〜翌朝5:00のため、深夜勤務はともかく、準夜勤務の時間帯によっても数字が大きく変わるからです。 参考までに昨年度JA新潟県厚生農業協同組合連合会の看護師の募集要項を見てみると…3年制卒看護師の深夜勤務手当は31,050円、4年制卒31,110円(月8回として)でした。

自分の腹腹時計を狂わせたくないとか、もっと稼ぎたいとか、深夜勤務専門に望む看護師の要望はさまざまですが、転職エージェントは、あなたの知りたいデータが満載されたシステムなのです。ナースバンクに登録するだけで、欲しいデータの閲覧が出来ます。

さらに「ここだ!」と思う医療施設への転職も夢ではないのです。希望する医療施設へ、転職専門のナビゲータがきめ細かく対応しているので、納得のいく転職が果たせるでしょう。長いと言われる人生ですが、一人一人にとっては深夜勤務が可能な貴重な時間です。この貴重な時間をナースバンクに登録することで有効な活用を願ってやみません。

給料・年収UPの為の転職なら以下の転職サイトがオススメ!!

第1位 ナースフル
オススメポイント リクルートが運営する看護師専門サイト!
第2位 マイナビ看護師
オススメポイント マイナビ運営の本格転職エージェント!
第3位 ナース人材バンク
オススメポイント 紹介実績豊富な人気転職エージェント!
ナース人材バンク