TOPページ < 基本情報 < 夜勤

理想は太陽とともにだが

→看護師転職サイトランキングを見る

看護師という職業は資格を取得するとどんな施設に勤務するのでしょうか。一般的には、入院施設のある病院をすぐイメージします。そしてこの病院勤務の看護師が、看護師全体の約80%を占めているといっても過言ではありません。周知の通り病院は、24時間体制で業務が行われている「不夜城」です。「不夜城」の異業種にホテル・旅館がありますが、従業員全員がスタンバイしているのは病院だけでしょう。入院患者の状態や時間を問わず搬送されてくる救急患者…仮眠を取ることができる「宿直」の仕事と異なり、看護師は日勤であれ夜勤であれ準夜勤であれ、心身共に健全に張りつめた状態で仕事に臨まなければならないのです。

そのため多くの病院では、三交代制や二交代制のローテーションを組み、24時間体制の病院業務に当たっています。時間帯は病院によりマチマチですが、一般的なタイムテーブルは以下の通りです。
*三交代制
日勤08:00〜16:30 (拘束時間8時間半)
準夜16:00〜24:00(拘束時間8時間)
深夜23:30〜08:30(拘束時間9時間)
*二交代制
日勤08:30〜17:00(拘束時間8時間半)
夜勤16:30〜09:00(拘束時間16時間半)

一方、人間の身体の生理は、「太陽と供に起床し、月(ルナ)の動きと供に休む」のが基本という考え方があります。これは、月と太陽の動きを大幅に超えると、生理不順などの支障を来すというもの。そのため、月や太陽の動きを超えて仕事をするスチュワーデスなどの労働基準も、この月と太陽の関係が考慮されています。また体内時計の問題もあります。深夜明けの翌日は公休から日勤にとめまぐるしく労働の時間帯が変わることは、人間の身体にとって良い状態とは決していえないでしょう。

そのため、労基法では深夜勤務は8日までと決められてもいるのです。しかし24時間体制で業務が展開されている病院では、どのように改善されても深夜に常駐する看護師は必要です。容態が比較的落ち着いている高齢者専門の医院では、仮眠を取る時間があるようですが、一般病棟では深夜勤務であっても日勤と同じ業務内容となっているようです。

結論からいえば、病院勤務の看護師にとっては、必ず三交代か二交代の勤務になるということです。この二交代と三交代の時間帯はは、病院によってマチマチです。少しでも自分の時間に適した病院を選ぶことで、二交代三交代のストレスが緩和できます。不規則な勤務に押しつぶされないよう、他の病院のタイムテーブルを調べてみましょう。

転職サービスのナースフル(※リクルートグループ)では、さまざまな病院のさまざまな勤務時間を会員に提供しています。利用法は簡単。転職サービスに登録するだけで、二交代三交代の勤務時間を調べることができるのです。

夜勤がある看護師求人を探すならこのサイト!

第1位 ナースフル
オススメポイント リクルートが運営する看護師専門サイト!
第2位 マイナビ看護師
オススメポイント マイナビ運営の本格転職エージェント!
第3位 ナース人材バンク
オススメポイント 紹介実績豊富な人気転職エージェント!
ナース人材バンク