TOPページ < 訪問看護師とは

訪問看護師とは

→看護師転職サイトランキングを見る

皆さんは、訪問看護師というものを聞いたことがありますか?訪問看護師は、実は今、非常に注目を集めている看護師の仕事なのです。一般的に看護師と言うと、病院や診療所、クリニックなどで医師の医療行為を補助するというイメージがあると思います。

もちろん訪問看護師も、訪問先で医療行為の補助を行いますが、それだけではありません。自宅療養を行っている患者さんのために、色々な指導やケア、フォローなどを行います。そのひとつが介護のサービスです。入院している患者さんでも、寝たきりや身体が不自由な場合は、入浴の補助をしたりすると思います。それを訪問看護では、訪問した先で行うというわけです。もちろん、病院の入浴施設とは異なり、患者の自宅にあるお風呂ですから、普通はなかなか病院のようには上手くいきません。ところが訪問看護師は、こうしたフォローには慣れていますから、専用の補助設備や着衣などを用いて、まるで入院しているかのように介護も行うことができるのです。

また、自宅で療養をしている患者さんへの服薬指導や心のケアまで、非常にきめ細かい所も訪問看護では行うわけです。今、病院のベッド(病床)というのは増えないか減少する傾向にあります。これはつまりどういうことか言うと、入院して治療できる人の数が限られるということです。そんな中、高齢者や身体の不自由な人は通院することも困難です。そのために訪問看護が存在するというわけです。

前述の通り、訪問看護は入院でのケア以上の様々なサービスを行います。病院で対応できない所を、訪問看護でフォローしたいというのが狙いではないでしょうか。もちろん、訪問看護も万能ではありません。訪問看護を受けるためには、どうしても通院より費用がかかるということ。そして、訪問看護のサービスを提供している施設がまだまだ不足しているという問題点を抱えています。

高齢化社会に向けて、行政の後押しはあるものの、まだまだ未成熟なサービスであることは否めません。どうしても病院での看護と同じように考えてしまう人が多いようですが、病院看護と訪問看護は全く違うと認識しなくては成功することはできません。

訪問看護とは、単に患者さんの自宅で看護するのではなく、患者さんが日常生活を送るために必要なケアを、どうすれば提供できるか考えなくてはならないのです。病院の場合は、病気が治れば退院ですが、訪問看護はそういうわけにはいきません。病気や怪我を看護しつつ、患者さんの生活の質を高めることが求められるわけです。

<訪問看護師関連コンテンツ>
・なり方
・訪問看護師の役割
・給料・年収の相場
・主な業務・仕事内容
・必要な資格
・勤務体制
・研修制度について
・不足気味
・仕事中の服装
・よくある悩み
・臨床経験
・認定訪問看護師
・養成講習会
・新卒で応募検討中の方
・求人をお探しの方へ
・募集を探すなら
・転職をお考えの方へ
・就職を検討している方

訪問看護師の求人を探すならこのエージェント!

第1位 ナースフル
オススメポイント リクルートが運営する看護師専門サイト!
第2位 マイナビ看護師
オススメポイント マイナビ運営の本格転職エージェント!
第3位 ナース人材バンク
オススメポイント 紹介実績豊富な人気転職エージェント!
ナース人材バンク