TOPページ < 悩み < うつ病

看護師のうつ病について

→看護師転職サイトランキングを見る

複雑に錯綜する現代社会の最先端では、高度な技術を駆使した業務が展開されています。そうした最先端の技術を支える専門家達に静かに広がっているのが「うつ病」です。ちなみに「うつ病」の典型的な症状は下記の通りです。

1.抑うつ気分…気分が沈んだ症状。食欲不振のため体重の大幅減少も。
2.睡眠障害…寝付きが悪い。夜中や早朝に目覚める。うつ病では不眠の症状が良く現れます。そのため熟睡感が得られず、体調も不調に。
3.精神と運動機能の低下…動作や話し方が遅くなり、声も小さくなります。逆にイライラと落ちつきなく歩き回る行動もあるようです。
4.気力の減退…強い倦怠感や疲労感を感じるようになり、日常的な動作に時間がかかったりなどの症状が現れます。
5.自殺念慮…つらくて仕方がないので、死んでしまいたいと考えるようになる症状。うつ病初期は無気力になるので、自殺をする気力もありませんが、症状が回復し始めると自殺願望が出てくる場合があります。

注意したいのは、以上の症状は、仕事や家庭生活のストレスやトラブルなどの積み重ねで、誰でも簡単に発症する危険性を持っているということです。企業内にメンタルヘルスの設置が進められていることから見ても、働く人達の心のケアーが如何に大事かが分かります。業種別の「うつ病罹患率」は出されていませんが、臨床統計では男性よりも女性の罹患率の方が高くなっているようです。

きになる看護師のうつ病ですが、統計的な数値は出されていません。しかし「うつ病」で1〜2年間の長期休業の結果、退職を選択した看護師の数は少なくないようです。二交代・三交代の厳しい労働条件、人の命を預かる重い責任、加えて病院では担当患者の急変などのアクシデント、さらには病棟での人間関係など…こうした状態で勤務を続けていれば、ちょっとした出来事や異変を引き金に、心が毀れそうになっても不思議ではありません。ここで大切なことは、「うつ病」は誰でも罹患する危険性を持っているということと、「うつ病」は直るということです。

転職エージェントには、看護師一人一人の環境を考慮したメンタルケアーが用意されています。また転職することで、気分を一新させ新たなスタートラインに立つと、あんなに悩ませていた「うつ病」が治ったという症例もあります。「うつ病」かも知れないと思っている人は、一人で悩まないでください。転職サービスに登録してみましょう。専門のカウンセラーがあなたにピッタリの職場を一緒に探してくれます。

職場環境を変えることで悩みやストレスが軽減することも…まずはエージェントに相談を!

第1位 ナースフル
オススメポイント リクルートが運営する看護師専門サイト!
第2位 マイナビ看護師
オススメポイント マイナビ運営の本格転職エージェント!
第3位 ナース人材バンク
オススメポイント 紹介実績豊富な人気転職エージェント!
ナース人材バンク