TOPページ < 悩み < ストレス

ストレスをため込まない体質に

→看護師転職サイトランキングを見る

ストレスというのは、看護師に限らずどの世界にもあります。極端には誕生したばかりの赤ちゃんにもストレスを感じるメカニズムがあるといわれています。また統計では、「生命・生存」に関わるストレスがもっとも強く身体に影響し、疾患を招きやすいともいわれています。

看護師のストレスを大きく分けてみると、不規則な勤務体制、職場の人間関係、専門技術力、そして家庭との軋轢などに絞られるようです。

このうち「不規則な勤務」については、2交代・3交代勤務がきついというより、患者の生と死の狭間で働く看護師は、終業時間だからといって作業を停止することができない場合が発生します。同僚の病欠や遅刻なども原因となります。いわばなしくずしの「強制残業」が発生しやすい職場ということもできるでしょう。

しかしほとんどの看護師は、「誰か一人休むとチーム全体に影響する」ことを熟知しているため、自身の健康管理には万全で臨み上手に対応しているようです。現場では看護師の増員が望まれていますが、「目の前の患者」を放置する看護師はいません。全てが同時進行で動いているのです。医療制度の見直しと労働環境の整備は急務といえるでしょう。

また「職場の人間関係」によるストレスは、看護師に限った事ではありません。人間が二人以上存在すれば「社会」となり、社会生活にはさまざまなストレスが生じます。人間には好き嫌いがあり、ボタン一つを掛け違っただけで「大きな誤解」が生じる場合もあります。人間関係によるストレスは、言葉に出しても簡単に修復できないときがあります。しかし幸い看護師の仕事は多忙なため、「クヨクヨ」思い煩う暇はないのが現実です。

挨拶をきちんとする、決められた業務は責任を持ってこなす―こうした行為の繰りかえしで「大いなる誤解」が「相互理解」になっていきます。

第三の「専門技術力」は、技術者の世界には意外と多いストレスの原因です。自分より年下でも技術力がある人には教えを請うぐらいの気持ちで対応しましょう。妬心からは何も生まれてきません。

最後の「家庭との軋轢」では、まだまだ「男尊女卑」の風習が根強く横たわっているため、家族の協力なしでは勤務との両立は厳しいかもしれません。しかし懸命に働く母親を見て育った子供は、非行に走ることが少ないといいます。

以上のように、看護師は強いストレスを受けやすい職業の一つですが、看護師本来が持っている「福祉の精神」や「旺盛な学習意欲」、そして何よりも「厳粛な生と死のある職場」がストレスをため込まない体質にさせているようです。

ストレスの少ない職場の求人をお探しなら以下のサイトが便利!

第1位 ナースフル
オススメポイント リクルートが運営する看護師専門サイト!
第2位 マイナビ看護師
オススメポイント マイナビ運営の本格転職エージェント!
第3位 ナース人材バンク
オススメポイント 紹介実績豊富な人気転職エージェント!
ナース人材バンク