看護師主任の給料・年収について

→看護師転職サイトランキングを見る

看護主任は、看護師の役職の中ではいちばん低いポストとされていますが、35歳平均で年収は550万円〜650万円程度あると言われています。同じ30代の女性の平均年収が250万円と言われているので、看護師の中では下の役職ですが、一般的に考えると女性でこれだけの年収があるのは高い方だと言えます。

看護主任は現場を指揮する立場にあるので、もちろん夜勤は当直などの業務もあります。看護師長のように多くの役職手当が付くわけではありませんが、看護主任としての役職手当以外にも、夜勤や当直の手当が付きます。そのため夜勤と当直の回数が多ければ多いだけ、毎月の給料に反映されます。

看護主任は中間管理職なので、看護師長のように管理できる立場にはないにも関わらず、現場での指示や責任が問われる。現場で何かトラブルがあったら、ほとんどの場合は看護主任が始末書や報告書を書かされる。上からも下からも挟まられて損をしているように感じられるかもしれませんが、次に看護師長に抜擢されるのが看護主任のポストです。外部から看護師長が就任することもありますが、その話がない時点では看護主任が最有力候補です

他の看護師と看護主任では、給料や責任の幅で違いはありますが、基本的には業務内容はほとんど同じです。でも、看護主任と看護師長では、業務に対する責任や権限・給料や待遇も違います。看護師長へのいちばんの近道が看護主任になることなので、キャリアアップや給料アップを希望している人は、看護主任からの求人情報を探すと良いでしょう

看護主任の求人は、看護師長や看護部長の求人よりも多く、比較的どこの病院や施設でも募集されています。クリニックなどでは年収450万円で募集しているところもありますが、一般的には最低500万円ぐらいが看護主任の年収と考えて良いでしょう。看護師転職サイトには多くの病院からの求人が掲載されているので、ステップアップしたい人は看護主任の役職から転職を考えてみて下さい。

「看護主任よりも看護師長が良い。」と思うかもしれませんが、直接現場の部下を指揮する看護主任を経験しなければ、看護師長の募集資格に該当しないところもあります。あなたがもし今何の役職にも就いていないのなら、まずは看護主任の募集から探してみて下さい。規模が小さな施設では看護師長が存在することなく、看護主任が実質的な責任者となる場合もあるので、条件に合った求人を検索してみて下さい。

給料・年収UPの為の転職なら以下のサイトがオススメ!!

第1位 ナースフル
オススメポイント リクルートが運営する看護師専門サイト!
第2位 マイナビ看護師
オススメポイント マイナビ運営の本格転職エージェント!
第3位 ナース人材バンク
オススメポイント 紹介実績豊富な人気転職エージェント!
ナース人材バンク