TOPページ < 基本情報 < 主任の役割

看護師主任の役割について

→看護師転職サイトランキングを見る

看護主任は言わば中間管理職。一般企業で例えるなら係長のようなものです。看護師長のサポートと現場の看護師の指導を行うのが主な仕事で、新人看護師を育てるのも看護主任が担っている病院もあります。看護方針などを決める権限はありませんが、現場の看護師のシフト運営や看護研究・看護スケジュールなどを調整します。

看護主任は、ほとんどの場合診療科ごとに1人配置されます。現場の看護師を直接教育したり、患者さんへの対応も任されます。例えば外来患者さんから「検査データのコピーが欲しい。」と言われた場合、コピーを渡しても良いかどうかの決定を下すのは看護師長で、他の看護師にコピーを取るように指示したり、患者さんが来院した際に渡せるよう準備を指示するのが看護主任の役割となります。

他の看護師が立てた患者さんへの看護計画を指導したり、患者さんへの検査説明や手術後のケア説明ができているかどうかもチェックして、できていない場合のフォローをすることも看護主任の仕事です。採血や点滴が上手くできない新人看護師のフォローや、病室や診察室などの衛生管理のチェックなど、臨床現場での迅速な対応と指導が必要とされます。

そのため現場のトラブルは看護主任レベルでの解決が要求され、看護師長へは解決できそうにない大きなトラブルの相談と報告という形になります。また、最前線で働く看護師を指導することから、リーダーシップを問われることになりますが、それだけ仕事への情熱とやりがいを感じることができる役職です。

看護主任の求人募集は、クリニックから総合病院・訪問看護センターに至る多くの医療機関で需要があります。「何で役職なのに公募しているの?」と思うかもしれませんが、看護主任ぐらいの経験年数を持っている人は、結婚と育児で休暇や退職をする年代に差し掛かるため、看護主任のポストが空いてしまう病院があるのです。1つキャリアアップする階段の入り口として、上を目指している人は、看護師転職サイトで求人を見つけて下さい

役職のない看護師のようにフォローしてもらう立場から、フォローして指導する立場へと変わるわけですが、現場を直接指揮できるのは看護主任なので、スキルを磨くには最適なポジションです。看護師長が休みのときは、代理として業務を遂行することもあるので、勤務経験が3年〜5年ある場合が理想と言われています。

主任クラスの看護師求人をお探しなら以下のサイトがオススメ!

第1位 ナースフル
オススメポイント リクルートが運営する看護師専門サイト!
第2位 マイナビ看護師
オススメポイント マイナビ運営の本格転職エージェント!
第3位 ナース人材バンク
オススメポイント 紹介実績豊富な人気転職エージェント!
ナース人材バンク