TOPページ < 基本情報 < 研究職

研究職に就く看護師

→看護師転職サイトランキングを見る

看護師の資格を取った人の中でも、研究職として働く人が存在するのをご存知でしょうか? 病院や診療所などで、いわゆる看護の仕事というものをしている人は、実は意外といるのです。

例をひとつ挙げるならば、製薬関連の仕事です。製薬企業では、薬の開発を行うために治験を実施します。その治験は、医療機関との契約や関係構築、交渉などが必要になってきますから、看護師の知識や経験というものが役に立つのです。もちろん、看護師の資格だけで医薬品の開発、すなわち治験を行うことはできませんが、医療機関のことを知っている看護師の資格が役に立つことは言うまでもありません。

また、病院にいながらにして、こうした研究に関わる方法もあります。それは、治験を行っている施設で看護師として働くというものです。先ほどは製薬企業の立場で医薬品の研究に関わりましたが、医療機関が主導となって研究を行うことがあります。これも同じ治験なのですが、積極的に医療機関が治験を先導することになりますので、それに関わる看護師も研究の一端を担うことは言うまでもありません。

また、看護師の資格を生かして、企業の研究所などで働くという人もいます。例えば、食品関連で流行っているトクホと呼ばれるものは、医療の知識がなければ開発することができません。看護師は、医療のスペシャリストですから、看護師特有の視点で商品開発を行うことができるというわけです。

このように、看護師の資格は、病院で看護をするというだけでなく、色々な場所で役立てることができます。看護師の資格を持っているから病院の看護師になる、という時代は終わり、色々な企業や環境でその資格の持つ知識や経験、能力が求められるようになっているのです。もし、看護師の資格を持っているあなたが研究職で働いてみたいと考えるのであれば、ぜひチャレンジしてみてください。

ただし、一般的にはそういったスキルや資格を求めていると明示している求人情報は少ないかもしれません。そんなときに利用したいのが、転職情報サービスや転職エージェントです。こうしたサービスは、あなたにぴったりの転職情報を提供してくれるだけでなく、あなたの資格や能力を求めている企業をピックアップしてくれます。

その中には、前述のような製薬企業、食品企業だけでなく色々な会社があることでしょう。あなた自身の持つ可能性を広げたいと考えているのであれば、ぜひ挑戦してみることをお勧めします。きっと、知らなかった世界が開けてくることでしょう。

研究職の看護師求人ならこの転職サイトで探そう!

第1位 ナースフル
オススメポイント リクルートが運営する看護師専門サイト!
第2位 マイナビ看護師
オススメポイント マイナビ運営の本格転職エージェント!
第3位 ナース人材バンク
オススメポイント 紹介実績豊富な人気転職エージェント!
ナース人材バンク