TOPページ < 精神科の求人・募集

時代が求める心のヒール

→看護師転職サイトランキングを見る

看護婦という名称の時代、男性の看護士は精神科のみに配置されていました。現在でも男性看護師の割合が多いという特徴があります。これは、精神が高揚した場合の患者をなだめるには女性看護師では危険が伴う危険性があるためでした。

精神科の入院患者は、一般的には長期にわたる入院がほとんどです。俗に言う「木の芽時」に精神が高揚する患者が多く、発症に気づくのは時期が少し遅れてくるため、通院・入院は晩春から初夏になっているようです。軽症の場合は2〜3ヶ月で退院になりますが、何年間も入院する患者も珍しくないようです。

一方、看護協会の認定資格に「精神科認定看護師」があります。受験資格には細則がありますが、看護師として臨床実務を5年以上に加え、必要な所定の単位取得をしていることなどで「精神科認定看護師試験」が受験できます。

ちなみに専門領域は、「通院調整」、「行動制限最小化看護」、「うつ病看護」、「精神科訪問看護」、「精神科薬物療法看護」、「私法精神看護」、「育児・思春期精神看護」、「薬物・アルコール依存症看護」、「精神科身体合併症看護」、「老年期精神障害看護」からなっています。

さて肝心の看護師求人ですが、精神科の求人はほとんど公募されていないのが現状のようです。

転職サービスでは、公募されていない精神科の求人情報常にキャッチしています。精神科への転職希望者は、まず転職サービスに登録しましょう。精神科求人の情報がキャッチできるだけでなく、精神科勤務の心構えや詳細な業務内容などを知ることができます。

ただし、精神科を経験した看護師によると、精神科病棟への入職は一般病棟を経験後の方がベターのようです。

精神科看護の目的は、第一が「社会復帰」になります。社会復帰を果たしていても、患者の多くは「通院」が欠かせません。精神科認定資格の専門科目にも「通院調整」が指定されているほど重要な項目になっています。精神科勤務の看護師いわく「精神科看護は奥が深い」ということでしょう。

時代は心のヒールを求めています。精神病と診断される前の段階での、心の病が多くなってきているのです。精神科認定看護師の資格を取得すると、病院の精神科だけでなく、クリニックや診療所の精神科で有効な資格になります。

転職サービスでは、病院精神科だけでなくクリニックや精神科医院の求人データをそろえています。まずは登録することから始めましょう。

精神科の看護師求人をお探しならコチラの転職サイト!!

第1位 ナースフル
オススメポイント リクルートが運営する看護師専門サイト!
第2位 マイナビ看護師
オススメポイント マイナビ運営の本格転職エージェント!
第3位 ナース人材バンク
オススメポイント 紹介実績豊富な人気転職エージェント!
ナース人材バンク