TOPページ < 専門看護師 < 地域看護

専門看護師【地域看護】

→看護師転職サイトランキングを見る

地域看護専門看護師は、病院内で特定の専門があるというよりも、退院後の在宅看護の指導や支援、訪問看護を行う看護師の指導育成、行政における看護指導など、地域や行政とも連携して活動することが多いようです。高齢化社会が進んで行く中で、どんどん、入院期間は短縮され、在宅での治療や看護にシフトしています。定期的に訪問看護が受けられる場合はまだいいですが、その全てが同居する家族の負担になったりする場合、患者本人も家族も、心身ともに、相当な負担を抱えることになります。また、病院であれば何の問題もなくできていたことも、いざ在宅でとなると、戸惑ったり、上手くいかなかったりということも少なくないはずです。

今後ますます高齢化社会が進めば、今以上に、地域と医療との連携は必要になってくると思われますので、地域看護専門看護師の需要はますます高まるでしょう。地域看護専門看護師は、2012年1月1日現在、23名しかおりません。冒頭に述べたように、専門看護師になるためには、臨床経験も積んだ上で、修士課程を修了しなければいけないため、そのハードルは高いと言わざるを得ませんが、ぜひ多くの看護師の方に地域看護専門看護師になってもらいたいと思います。全国に二十数名しか存在しない地域看護専門看護師ですから、その責務は相当重大なものとなると思われます。しかし、その分、非常にやりがいのある素晴らしい仕事であるともいえるのです。

また、転職の際にも、地域看護専門看護師の資格があることは、他の看護師にかなりのアドバンテージを取ることができると思われます。日本看護師協会が「卓越した」という表現を使うほどのスキルを持つ専門看護師です。同協会では、似て非なる認定看護師には、「熟練した」という表現を使っています。卓越とは、「群をぬいてすぐれていること」。一方、熟練とは、「物事に慣れて、手際よくじょうずにできること」。「卓越」という表現の方が、より高みを表していることがお分かりでしょう。それほどの資格を有した専門看護師なのですから、どの医療機関でも、喉から手が出るほど欲しいのではないでしょうか。

地域看護専門看護師は、その職務の特性から、一般看護師の勤務体制とは異なり、常日勤に近い勤務になると思われます。一般的に、看護師の給与が高いといわれるのは、夜勤手当や休日出勤手当といった手当の部分も大きいです。折角、それほどまでに高度な資格を保有しているのですから、マイナスになった手当分を補えるだけの資格手当や、基本給自体のアップが望めるかどうか、などといったことをよく見極めて転職先を考えることが重要かと思います。

専門看護師の求人が掲載!転職サイト人気ランキング

第1位 ナースフル
オススメポイント リクルートが運営する看護師専門サイト!
第2位 マイナビ看護師
オススメポイント マイナビ運営の本格転職エージェント!
第3位 ナース人材バンク
オススメポイント 紹介実績豊富な人気転職エージェント!
ナース人材バンク