TOPページ < 専門看護師 < 急性・重症患者看護

専門看護師【急性・重症患者看護】

→看護師転職サイトランキングを見る

最近、テレビのドキュメンタリー番組などで、その仕事ぶりや活躍ぶりが取り上げられることの多くなってきた専門看護師。一番歴史の古い専門看護分野の専門看護師でも、誕生してからまだ20年弱と、比較的新しい資格ではありますが、多様化、複雑化する現代の医療や看護の現場にとって、なくてはならない存在となっています。ここでは特に、10ある専門看護分野の中で、急性・重症患者看護専門看護師について詳しく見ていきたいと思います。

日本看護協会のホームページによれば、急性・重症患者看護専門看護師の特徴は、「緊急度や重症度の高い患者に対して集中的な看護を提供し、患者本人とその家族の支援、医療スタッフ間の調整などを行い、最善の医療が提供されるよう支援する。」ということだそうです。

急性・重症患者看護専門看護師の活躍の場は主に、救命救急センターやICUとなるわけですが、いずれも、看護師にとって、心身共に大変緊迫感のある、大変な現場です。救命救急センターやICUに運ばれてくる患者さんは、事故など予期せぬ事態により急激に発症したり、重体になったりと突然、闘病生活を余儀なくされることが多く、自分自身に起きた状況を、俄かには受け入れられない場合が少なくないでしょう。また患者本人だけでなく、その家族も、大変な心労を抱えることになることは、想像に難くありません。看護師として、現場での迅速かつ的確な看護はもちろんですが、このような患者さんとその家族を支援していくこともまた、急性・重症患者看護専門看護師の重大な責務と言えるでしょう。

2012年2月1日現在、急性・重症患者看護専門看護師の数は、85名であり、極めて少数といえます。専門看護師になるためには、日本看護師協会の専門看護師認定審査に合格しなければいけませんが、この認定試験の受験資格を得るためには、当然ですが、まず大前提として、日本での看護師の資格を保有していなければなりません。そして、看護師資格を保有するのみならず、指定大学院での修士課程の修了と、一定期間の実務研修も受験資格要件に含まれます。このように、専門看護師へのハードルは、とても高いと言わざるを得ませんが、その分、大変やりがいのある仕事とも言えるでしょう。

現在、急性・重症患者看護専門看護の他にも、精神看護、がん看護、地域看護、老人看護、小児看護、母性看護、慢性疾患看護、感染症看護、家族支援と、全部で10種類の専門看護分野があります。

専門看護師の求人が掲載!転職サイト人気ランキング

第1位 ナースフル
オススメポイント リクルートが運営する看護師専門サイト!
第2位 マイナビ看護師
オススメポイント マイナビ運営の本格転職エージェント!
第3位 ナース人材バンク
オススメポイント 紹介実績豊富な人気転職エージェント!
ナース人材バンク