TOPページ < 小児科の求人・募集

小児科の看護師求人情報をお探しなら!

→看護師転職サイトランキングを見る

小児科病棟では入院患者を、「0歳児〜学齢前まで」と「6歳から12歳まで(小学生)」、13歳〜15歳まで(中学生)」、16歳~18歳まで(高校生)」に区分しています。病院によっては小学生と中学生を一つにまとめているところもあるようです。

かつて結核患者は伝染性の疾患であり長い療養生活が必要だったため、結核療養所に隔離されていました。学齢期の子供達のためには「院内学校」が設置され、専任の小学校教諭や中学校教諭が配置されていました。結核が完治する疾患となってから、現在では結核療養所は、老人内科や痴呆症、精神科が置かれているようです。ちなみに、院内学校は全国に点在し、15歳以下の長期疾患患者の学校教育が行われています。

一方、小児科を希望する看護師は多く、そのルーツを探ってみると、高等学校を卒業後の進路に「保母・幼稚園教諭・看護師」を考えていたようです。根っこのところで「子供好き」なのは小児科に向いていると思われます。ただし、先輩看護師の「看護師の第一歩は一般病棟から」という言葉もあります。小児科には独特の看護が要求されているためか、新卒看護師で第一番目の職場としては一般病棟が多いようです。

また、小児科勤務の看護師のコメントでは「患者とのコミュニケーションより保護者とのコミュニケーションが大事」とか。大事な子供の健康ともなれば、保護者の「目くじら」も立つのでしょう。

しかしステップアップをめざす看護師のほとんどは、「いろんな看護師業務を一通り体験したい」というスタンスの人が多いようです。看護業務は配置された職場で極端な違いがあります。一通り体験した上で、手術室とかICUとかターミナル病棟など、それぞれの希望する専門職に転職する流れがあります。さて小児科の求人ですが、これもまた一般公募は多くありません。というのは、病院全体で看護師を募集し、職務経歴やスキル、面接での印象など、総合的に判断して配属が決められるからです。

転職サービスでは「登録」した看護師の希望が「小児科」であれば、面談の上、小児科専属の入職が可能になります。もちろん専任のコンサルタントとよく相談の上、小児科への入職が一番ふさわしいという結論を得てからになります。安易に「小児科希望」だから即小児科を紹介するわけではありません。

転職サービスは、転職希望者が本当に望む職場、入職して好結果が得られる職場を、看護師と一緒に考え模索し提案しています。そのためには、転職サービスに登録することから始めましょう。

小児科の看護師求人をお探しならコチラの転職サイト!!

第1位 ナースフル
オススメポイント リクルートが運営する看護師専門サイト!
第2位 マイナビ看護師
オススメポイント マイナビ運営の本格転職エージェント!
第3位 ナース人材バンク
オススメポイント 紹介実績豊富な人気転職エージェント!
ナース人材バンク