TOPページ < 悩み < パワハラ

パワハラは職場の体質が原因

→看護師転職サイトランキングを見る

看護師の働く世界は、男子参入以前は「女の園」のイメージが色濃く、映画や小説の影響もあって、「意地悪婦長」と「医師との悲恋」、「白衣の天使」が一般に定着していたようです。

しかし実際の医療現場では、男子参入以前から「男社会」と言われるほど、「キビキビ・テキパキし」ています。同僚の噂のヒソヒソや、ネチネチとした上司のパワハラなどは皆無と言っていいほどのようです。

なかでも救急センターや手術室などでは、緊急を要する処置や、8時間以上にわたるオペなどが日常的に行われているのですから、同僚のコメントを言う暇もなければ、聞く耳を持った看護師もいないというのが現実です。

しかし職場によっては、パワハラは存在しているようだし、看護師同士の「ヒソヒソ話し」も皆無とは言い切れません。どうやら各病院の体質に原因があるようですが、歴史が長ければ長いほど「体質改善」は一朝一夕にはいかないようです。

一方、人間には好き嫌いがあり、第一印象が悪い場合は「嫌い」という範疇に入れてしまいがちです。現実はこのように単純ではないにしろ、折り合いの付かない人間関係にまで悪化することも少なくないようです。冷静に考えれば「大人げない」行為ですが、そうした上司のパワハラに遭遇した場合は、思い切って「転職」を考えてみるのも一つの解決方法です。

看護師の仕事は、資格が持っている技術と知識を全うさせることにあります。人間関係を良くするために取得した資格ではないのです。初心に返って、自分の持てる技術と知識を、ノビノビと発揮できる職場で全力投球する―時にはこうした決断も必要かと思われます。

転職サービスでは、登録するだけで、新しい職場に転職するまでの一切をサポートしています。上司のパワハラは、その上司が職場を退職するまで続くことが多いようです。相互理解への努力も「美しい」とは思いますが、転職し新しい職場で気分を変えてスタートを切る方法もあることを知っておきましょう。パワハラはまったく無駄な「拘り」であり、持てる能力を消耗させるだけです。

登録後の転職サービスでは、担当者にパワハラを正直に伝えましょう。病院の内部情報として、転職サービスに記録を残し、次回の求人や応募に反映させてもらえます。さらに新しい職場への要望も具体的に伝えましょう。担当のコンサルタントがお話しを総合評価し、理想の職場へと案内してくれます。

今の職場に悩み・ストレスがあるなら、まずはエージェントに相談しよう!

第1位 ナースフル
オススメポイント リクルートが運営する看護師専門サイト!
第2位 マイナビ看護師
オススメポイント マイナビ運営の本格転職エージェント!
第3位 ナース人材バンク
オススメポイント 紹介実績豊富な人気転職エージェント!
ナース人材バンク