TOPページ < パートの転職

転職のプロとの入職活動

→看護師転職サイトランキングを見る

パート看護師とはどのような勤務時間なのでしょうか。アルバイト看護師とどこが違うのでしょうか。

パートは、仕事の内容は正規雇用の看護師とまったく同じですが、従事する時間が短い従業員をさします。これに対してアルバイトは、産休などの欠員や繁忙期などの短い期間のみ仕事に従事する従業員をいいます。このパート看護師の転職では、@同じ雇用形態であるパートでの転職、A正規職員として就職を希望する転職、B派遣やアルバイトとしての転職などがあります。

一方、結婚や出産、子育ての期間、働く看護師にはそれぞれ休暇が法律で認められていますが、それでも、子離れまでを自分の手で育てたいという人は多く、求職者は毎年相当数に上ります。

そうした休職から職場復帰するためには、身体慣らしや、進展し続ける看護技術の勘を取り戻すために、ウオーミングアップ代わりにアルバイトやパートで看護師の仕事に従事する人が少なくないようです。

こうしたパートの転職では、転職サービスに登録して各種の転職サービスを受ける方法があります。

幸い、パートやアルバイトで看護師としての専門分野の仕事に就いているため、入職しても即戦力になることができます。

パートとアルバイトは、基本的には大きな違いはありませんが、継続して看護師業務を続けているのはパートの看護師になります。

医療技術の進展はめざましく、半年の求職中に新しい検査機器が導入されることも珍しくないのが最先端の現場です。

転職サービスでは、パート期間の内容や仕事の内容、持っているスキルなどを細かくお聞きし、不足するスキルでは研修を提示することもあります。

また看護師のどの分野に進みたいのかも、さまざまな質問やお話しのなかから、本人が自分で見つけることができるよう誘導します。そのうえで、希望分野を決定します。また年収や待遇では、多くのサンプルを提示し、希望額を決定します。

そのほか、通勤のロケーションや託児所などの福利厚生設備、休暇や残業に至るまで、細かく希望を明確にします。

こうして絞り込んだ入植先には、下見見学や面接などにも同行し、場合によっては待遇交渉も行うといいます。

こうして入職した転職経験者は、ほとんどが「希望通りの就職が果たせた」と喜びのメッセージを残しています。パート・アルバイトに限らず、転職希望者はまずは転職サービスに登録し、数々のサービスシステムを体感してみましょう。

パートの看護師求人情報が豊富!オススメのサイトはコレだ!

第1位 ナースフル
オススメポイント リクルートが運営する看護師専門サイト!
第2位 マイナビ看護師
オススメポイント マイナビ運営の本格転職エージェント!
第3位 ナース人材バンク
オススメポイント 紹介実績豊富な人気転職エージェント!
ナース人材バンク