TOPページ < 産婦人科の求人・募集

多い助産師指向

→看護師転職サイトランキングを見る

産婦人科では男性の看護師はいません。法律で禁じられているのではなく、患者(妊婦など)が嫌がるのではないかという配慮からです。実際の産婦人科での業務は、医師はともかく、助産師が主役になっているようでした。助産師は看護師の免許を持っていないと取得できない資格です。このため、産婦人科や助産所を希望する看護師には、助産師資格をめざしている人が多いようです。

日本の社会は超高齢少子時代に入っています。隣国・中国のように「一人っ子政策」が取られているわけでもないのに、一人っ子の家庭が多くなっています。子供はまさに「虎の子」で、生涯にただ一度の出産、一組の夫婦に子供一人という時代になりつつあります。

そんな社会に産婦人科での求人数が増加傾向にあるというのもおかしな話ですが、少子のため、産婦人科医師は減少傾向にあり、産婦人科医院や産婦人科を閉鎖するところも増加するなどが背景にあります。

この少子現象は一足飛びには是正されることはないと思われますが、助産師の資格は「お産」だけではありません。いわば女性の一生涯にわたる「性と生」を見守るエキスパートという役割があります。やりがいのある資格の一つでしょう。

産婦人科の看護師の求人は、上記の通り、少子社会にもかかわらず売り手市場になっています。しかし、求人情報から待遇や職場の雰囲気、さまざまな条件を自分で全て調べるのは大変な作業といえます。

転職サービスでは、登録した会員に転職に関するさまざまなサービスを行っています。履歴書の書き方、職歴の記入の仕方、スキルに書きもれはないか、などなど。病院の下見はもちろん、模擬面接や面接同行も場合によっては行っています。

なかでも、将来、助産師資格にチャレンジしたい人には、その一番近道や入学方法、資格取得後の入職まで念頭においた就活をしています。看護師資格を持つ人は、転職希望者だけでなく進学希望者も、まずは登録することから始めてみましょう。

登録は無料です。さらにその後のさまざまなサービスも全て無料、加えて入職後のアフターフォローまでしてもらえます。看護師免許を持ち登録するだけで、これらのサービスを受けることができるのです。転職サービスのサイトによっては、就職支援金まで支給されるというのですから、登録しない「手」はありません。転職サービスに登録し、イキイキ看護師ライフを甘受しましょう。

産婦人科の看護師求人をお探しならこのサイトがオススメ!

第1位 ナースフル
オススメポイント リクルートが運営する看護師専門サイト!
第2位 マイナビ看護師
オススメポイント マイナビ運営の本格転職エージェント!
第3位 ナース人材バンク
オススメポイント 紹介実績豊富な人気転職エージェント!
ナース人材バンク