TOPページ < チームナーシングの役割

チームナーシングの役割について

→看護師転職サイトランキングを見る

それぞれの病院によって、色々な看護方式がとられています。看護方式は、看護師が業務を分担して看護を実践する体制の事です。

チームナーシングは、プライマリーナーシングと共に、一般方式に含められます。今、このチームナーシングの体制をとっている病院は結構多いようです。チームナーシングは、一つの病棟の中で二つ以上の看護チームに分け、その中でリーダを決め、チームごとに受け持つ患者さんの看護にあたる看護方式です。受け持った患者さんの総合的な看護を行います。

複数の看護師が一人の患者さんに対して、役割を振り分けて看護を行うことを機能別看護方式といい、看護師の能力に準じて、患者に一定水準の看護ができるというメリットがあります。プライマリーナーシングは、一人の患者さんに対して一人の看護師が担当を受け持ち、必要な看護を全て行う事で、担当や責任が明確になるというメリットがあります。チームナーシングは、この2つが組み合わされた看護方式だとも言われています。

チームでは、割り当てられた患者さんに対する看護業務を、チーム内で円滑に行うという役割があります。担当する患者さんには、チームで責任をもって看護にあたります。患者さんの看護計画を立案して、それを実施します。

チームのリーダーは、それぞれのメンバーの業務状況を把握しながら効果的に仕事を割り当てます。また、チーム内でカンファレンスを行って看護計画を立てて、その看護計画をチームで実施していきます。それぞれのチームごとに、メンバーは課題を取り上げ、それについて討議して目標を決めます。

チームのメンバーは、リーダーの指示のもとで、患者の看護を行い、患者の状態や変化についてリーダーに正確に報告する役割があります。また、問題が発生した場合にも、リーダーへ相談します。

チーム内には、看護経験を多く積んだベテランの看護師や新人看護師をバランスよく編成され、それぞれのチームで看護実践能力に差がでないように分けられています。そうでなければ、患者さんに対しての看護の質が、受け持った看護チームによってバラついてしまうと言う問題が出るからです。そのチーム内で、新人看護師は先輩看護師に教育や指導、フォローされながら、成長していくのです。新人看護師は、患者さんの看護業務を行うと共に、先輩看護師の業務を側で見ながら学ぶという役割があります。また先輩看護師も、新人看護師の指導を行う役割を果たしながら、自分も成長させていくのです。チーム内でお互いに成長し合い、お互いに支え合う環境をつくりあげます。

看護師求人をお探しなら以下のサイトがオススメです!

第1位 ナースフル
オススメポイント リクルートが運営する看護師専門サイト!
第2位 マイナビ看護師
オススメポイント マイナビ運営の本格転職エージェント!
第3位 ナース人材バンク
オススメポイント 紹介実績豊富な人気転職エージェント!
ナース人材バンク