TOPページ < チームナーシングのメリット

チームナーシングのメリットについて

→看護師転職サイトランキングを見る

病棟にいる看護師はそれぞれ、看護師の経験年数も違うし、看護実践力や、専門の知識も異なります。その一人ひとりの能力を考えながら、バランス良くチームを編成することができる看護体制がチームナーシングです。そうすることにより、ある看護師が不足している能力は、チーム内の他の看護師の力で補い、個々の能力を発揮できるような看護体制ができます。そして、看護能力の違いにより、提供できる看護にばらつきが出ないよう、一定水準の看護が患者さんそれぞれに提供できるようになります。また、チーム内でお互いを支え合い、メンバーないの他のスタッフのフォローを行う事により、それぞれが成長し合えるような環境も出来上がります。

バランス良く、チーム編成を行う事により、どのチームの看護力も平均的になります。そして、ある患者さんには質の高い看護、一方である患者さんには、質の低い看護が提供されているというような状況が起きないようになります。

チーム内でたてられたリーダーは、そのチーム内の目標をたてて、その目標達成に向けて、業務を遂行していきます。そうすることにより、チーム内の団結力や業務に対する意欲も高まるでしょう。

チームナーシングは交代で勤務するため、リーダーが日替わりであったり、メンバーが日替わりで交代したりと、看護が継続されずに、患者さんにとっても担当看護師が分かりにくい状況になったりします。それをカバーできるのは、「固定チームナーシング」です。これは、チーム編成を決定したら、一定期間(だいたい半年や1年間など)同じメンバーと同じリーダーで看護を行います。この方式だと、看護が継続され、チームの団結力や目標を達成しようと言う意欲も高まりやすく、一人ひとりの成長もさらに期待できると思います。

チームナーシング方式での看護は、患者さんの看護に対する評価が高まるということもあるようです。「頼んだことを確実に実行してくれる」や、「対応が素早くなった」などの声も上がっているようです。

チームナーシングとは違う看護方式で「プライマリーナーシング」というものがあります。これは、一人の患者に対して、一人の看護師が入院から退院まで責任もって看護にあたる看護方式です。患者にとって担当が明確で、責任の所在も明確となりますが、看護師による能力の差で、看護の質にも差が出てきてしまいます。チームナーシングよりも人員が必要になるので、プライマリーナーシングとチームナーシングを併用して行っている病院もあるようです。

看護師求人をお探しなら以下のサイトがオススメです!

第1位 ナースフル
オススメポイント リクルートが運営する看護師専門サイト!
第2位 マイナビ看護師
オススメポイント マイナビ運営の本格転職エージェント!
第3位 ナース人材バンク
オススメポイント 紹介実績豊富な人気転職エージェント!
ナース人材バンク