TOPページ < チームナーシングとは

チームナーシングとは

→看護師転職サイトランキングを見る

チームナーシングとは、看護方式の一つです。一つの病棟を二つ以上のチームに分けて、各チームには、チームリーダーが選出され、そのリーダーが責任をもってチームごとに看護を行います。リーダーは、チーム内の看護師に指示出したり、医師や看護師長の指示を聞いたり、患者さんの情報を聞いたりして、メンバーに伝えたりします。チーム単位で患者を看護ケアするのです。チームのリーダーを日々交代で決め、その下にチームのメンバーが配置されます。このチーム編成によって、患者さんの看護にあたります。

看護師は、その経験年数により看護能力や知識、問題への対処能力などに差が出てきてしまいます。チームナーシングで看護を行う事により、経験年数を多く重ねたベテラン看護師や、新人の看護師をバランスよく配置でき、その能力の差をチーム内でカバーできるために、一定水準の看護が提供できるようになります。また、チーム内で目標を持って業務を行う事により、看護業務に対しての意欲の高まり、団結力の高まり、共同意欲の高まりが期待できるし、個人の能力も向上することが期待できます。ただ、チームのリーダーを務める人は、自分の業務の他にもチーム内の他のスタッフの業務状況や業務遂行能力を把握する必要があったり、チーム内で仕事の割り振りを行ったり、スタッフの相談やフォローを行ったり、医師や看護師長からの伝達事項も伝えなければならないし、看護師長や主任へ報告する業務などもあり、高い能力と責任が求められます。

チームナーシングという看護方式で看護にあたっているところは多くあるのは、患者さんに対して責任をもって質の高い看護を行う事ができるし、看護スタッフはやりがいを感じることができるし、それぞれの能力が当たってくるという理由からでしょう。

チームナーシングの中には、「固定チムナーシング」と呼ばれる看護方式もあり、これはチームナーシングよりもさらに限られたメンバーによりチームが構成され、受け持つ患者数も限られてきます。こちらの方が、チームが一定期間固定されていて、継続性があるため、組織、課題や目標が明確になりますが、責任もつよく問われます。

これは、アメリカで開発された看護方式で、それぞれの能力に差がある看護師たちで、どのようにして患者さんの看護にあたるのかと考えた時に、考えられたそうです。このチームナーシングには、患者さんにとっては、担当者が誰なのかということが分かりづらいという難点もあります。

看護師求人をお探しなら以下のサイトがオススメです!

第1位 ナースフル
オススメポイント リクルートが運営する看護師専門サイト!
第2位 マイナビ看護師
オススメポイント マイナビ運営の本格転職エージェント!
第3位 ナース人材バンク
オススメポイント 紹介実績豊富な人気転職エージェント!
ナース人材バンク