TOPページ < 産業看護師とは

産業看護師とは

→看護師転職サイトランキングを見る

皆さんは、産業看護師という言葉を聞いたことはあるでしょうか? 産業の看護師ということで、普段聞き慣れない言葉ではないかと思います。

産業看護師とは、近年徐々に需要が高まっている看護の分野で、工業などの産業において、その現場などで治療・看護を行う看護師のことを意味しています。ただし、あくまでも現場での看護ですから、大きな怪我や病気の場合は、病院への橋渡し役となります。

また、近年では社員を資源として考えているため、その健康を維持管理するための存在として注目を集めています。企業が産業看護師を雇うのは、言うまでもなく、産業における生産性の向上です。社員が怪我や病気で休むことは、生産性が落ち、売り上げが落ちることにつながります。そうならないためにも、普段から社員の健康を管理監督し、相談に乗ったりするのが産業看護師なのです。

つまり、産業看護師は、看護師でありながら、企業の利益に貢献する役割を担っているわけです。また、産業看護師に期待される仕事としては、健康を維持することが挙げられますが、近年、事業者・企業が注力しているのが、メンタルヘルスへの対応です。

以前であればそうした心の病などは見過ごされてきましたが、ストレス社会とも呼ばれる現代で、とても見過ごすことができないほどの損失となっています。産業看護師は、こうしたストレスを軽減し、プレッシャーの少ない会社作りを提案をすることも求められているのです。

ここまで読むと、病院看護師と役割が全く異なることが分かると思います。病院看護は治療、産業看護は予防をすることを第一に考えている訳です。病気や怪我になる前に防ぐことができれば、生産性が落ちることはありませんし、企業の損失を防ぐことができます。そのため、産業看護師が求められる知識・経験は、病院看護師が求められるそれと大きく異なるのです。

ちなみに、産業看護師という国家資格はなく、看護師免許を持っていれば、誰でも産業看護師になることができますが、そんなに簡単なものではないと言うことを知っておいて下さい。

また、民間資格としての産業看護師もあり、公的なものではないにしろ、こうした資格を持っておけば転職にも有利になるのではないかと思われます。どんな企業であれ、売り上げや利益を高めたいと思っています。しかし、それには健康な社員なくしては果たせません。産業看護師は社員の健康をサポートし、健全な企業作りを目指すためには欠かせない存在なのです。

<産業看護師関連コンテンツ>
資格 役割 仕事内容 求人 給料 募集 転職 就職 採用 志望動機 企業

産業看護師に転職するならこのエージェント!

第1位 ナースフル
オススメポイント リクルートが運営する看護師専門サイト!
第2位 マイナビ看護師
オススメポイント マイナビ運営の本格転職エージェント!
第3位 ナース人材バンク
オススメポイント 紹介実績豊富な人気転職エージェント!
ナース人材バンク