TOPページ < 基本情報 < 身だしなみ

清潔第一の職場意識

→看護師転職サイトランキングを見る

わが国で初めて看護婦の養成所が設立されたのは1886年(明治19年)のことです。その後、さまざまな改正を経て、1948年に国家資格として成立しています。かつて看護婦は、白衣のワンピースと白のナースキャップ、やはり白のナースシューズが共通の制服でした。その誕生から1世紀強を経た現在、看護師と名称が変わり、制服も淡いピンクやブルーに変化、さらにナースキャップの廃止など、大きな変化をとげています。しかし約100年間に培われた「白衣の天使」としてのイメージは大きく、一朝一夕では払拭できないようです。

さて看護師の身だしなみですが、この「白衣の天使」に見られるように、「清潔」が第一の目的です。看護師本人だけでなく、見た目にも「清潔」であることも求められています。白衣から淡い色調への変化は、診療室などで白一色の医師や看護師に囲まれた患者は、独特の精神状態に陥り、血圧測定などに支障を来すことが解明され、以来、全国の病院で淡い色の制服が導入されるようになったという経緯があります。

また看護師独特のナースシューズも、現在はスニーカーのように足全体を覆うシューズに切り替えられています。これは、何かのアクシデントで、採血した患者の血液が足元に付着するなどの危険を避けようとしたのが始まりです。さらにナースキャップの廃止は、不衛生が第一ですが、看護学を創設したナイチンゲール精神を象徴するナースキャップの存在意義が時代にそぐわないという一面もあるようです。

全国の看護師制服をみてみると、従来のワンピースではなく、かつての看護士が着用していたズボンスタイルの導入も見られます。いずれにせよ看護師の制服は、患者に威圧感を与えることがなく清潔が保てる着衣であることに尽きるでしょう。個々人の身だしなみでは、患者に不快感を与えるような化粧や香水などは厳禁。乱れた髪や怪我を誘発させるマニキュア・ピアスも禁じられています。アナグロですが、かつては病院内に「風紀委員」なるものが存在し、髪の色から靴下、下着に至るまで厳しくチェックされたようです。中学校や高等学校の「風紀委員」より厳しかったとの報告もあります。

看護師の養成機関では、こうした看護師としての心構えや身だしなみについての、講義や実習が設けられており、かつてのナイチンゲール精神とは異なる「現代看護の心構えと理論」が学べるようになっています。さらに転職エージェントでは、看護師の身だしなみについての有効なアドバイスが用意されています。制服や身だしなみに疑問を感じたら、転職サービスに登録してみませんか。アドバイスを受けることができるだけでなく、全国の病院での制服情報や身だしなみについての事例も閲覧できます。

風紀がしっかりしている職場をお探しならこのサイトで探そう!

第1位 ナースフル
オススメポイント リクルートが運営する看護師専門サイト!
第2位 マイナビ看護師
オススメポイント マイナビ運営の本格転職エージェント!
第3位 ナース人材バンク
オススメポイント 紹介実績豊富な人気転職エージェント!
ナース人材バンク