TOPページ < リーダーの業務

看護師リーダーの業務について

→看護師転職サイトランキングを見る

看護師は、保険、医療、福祉において、人の命と健康を守る分野で仕事をする専門職です。医療チームの中では、最も患者さんの近くにいる立場でその業務を遂行します。患者さんの容体の変化を察知し、医師に知らせるという、重要な業務もあります。

看護師になるためには、看護師を養成するための専門の養成機関で学び、国家試験を受験し、それに合格する必要があります。その勉強も試験も決して簡単なものではありません。その勉強を修了し、試験に合格しても、そこで学ぶことが終わるわけではなく、看護師として勤務しながらも、日々学ぶことは多いのです。医療技術は進歩し続けるし、患者さんのニーズは多様化するため、看護職としての業務も多様化し、より高い知識も必要となっています。そんな中で、看護師経験を積み、冷静な判断と行動ができる看護師は、看護師リーダーを任される事があると思います。看護師リーダーは、看護師長、主任に次いで責任のあるポジションで、看護の現場のリーダーを行います。

看護師リーダーの業務は、その病院により様々なようですが、リーダーとしての自信と責任を持って勤める必要があると思います。自分の担当するチームの全体の状況の把握、スタッフの業務遂行能力の把握をします。そして、スタッフの相談やフォローを行います。必要に応じて、看護師長や主任へ報告、相談も行わなければなりません。医師からの伝達を受け、他のスタッフに伝えるという重要な業務もあります。また、患者さんの容体の変化はリーダーが伝えることも多いのです。また、「申し送り」という業務もこなすところが多いようです。

「申し送り」とは、入院患者について、どんな治療をしていて、どんな状態にあるのか、食事の内容、排便、排尿の回数、バイタルサインや患者の精神面、会話などの患者さんの詳しい情報を、勤務終了時、勤務を交代する看護師に引き継ぐ作業のことです。慣れないうちは上手くできずに、戸惑ってしまったり、悩んでしまったりすることも多いようです。患者さんの状態を細かく把握し、伝えなければいけないことを理解します。看護計画に基づき、問題点に優先順位をつけます。ポイントを絞って報告し、はっきりと聞きとりやすい声で伝えます。優先順位をつけず、要点を絞らずに情報を全てつたえることは、時間の無駄にもなるし、何を一番伝えたいのかがよくわからなくなってしまいます。そして、具体的な表現して伝えることが必要なのです。

役職付きの求人をお探しならこのサイトがオススメ!

第1位 ナースフル
オススメポイント リクルートが運営する看護師専門サイト!
第2位 マイナビ看護師
オススメポイント マイナビ運営の本格転職エージェント!
第3位 ナース人材バンク
オススメポイント 紹介実績豊富な人気転職エージェント!
ナース人材バンク