TOPページ < リーダーとは

看護師のリーダーとは

→看護師転職サイトランキングを見る

看護師の仕事は、常に緊張感を持たなければいけないし、重労働もあるし、夜勤もあるし、患者さんの排泄のお世話をしたりする仕事もあります。決して楽ではなく、つらいことも多いでしょう。ですが、人の為に働ける専門職ということで、誇りを持ち、やりがいを感じながら働いている人がとても多いことでしょう。それは「人の命にかかわる仕事」、「自分が人の為に役立つと実感できる」「患者さんから感謝の言葉をもらえることが喜び」など、看護師として働いていて喜びを味わえる瞬間が多くあるという魅力もあるからでしょう。

そんな看護師ですが、それぞれ役割や役職を持って仕事をします。大きな総合病院や大学病院内では、看護職の組織はよく軍体に例えられるそうです。まず、その病院全体の看護職のトップは看護部長と呼ばれ、それぞれの部隊をまとめる連隊長の役割があります。各病棟を一つの部隊として、その部隊の隊長を務めるのが、看護師長です。その部隊長を補佐する役目をするのが、主任です。その次に小隊長を務めるのが、看護師のリーダーです。

看護師のリーダーとは、全体を把握する役目をする人のことです。リーダーは、患者を受け持つことはほとんどありません。早いと看護師2年目くらいから回ってきて、ベテランの人も行います。責任を背負う仕事であること、そして大変な仕事ですから、リーダーをすることを嫌がる看護師も多くいるようです。その責任は、看護師、主任に次いで大きなものとなります。

病院の医師が出す指示を、他のスタッフに伝えるのが主な仕事です。その他に、患者さんの状態の変化があれば、リーダーが医師に伝えます。他の看護師さんに指示もだします。また、他の看護スタッフがミスをした場合、リーダーが医師に伝えたりする仕事もします。看護師のまとめ役として、他の看護師の仕事を円滑に進められるようにコントロールし、チームを引っ張って行きます。リーダーには、気配りと冷静な判断、リーダーシップが求められます。

病院によって違うようですが、リーダーを務められる人材、経験年数のある人が交代で行ったり、リーダーが決まると基本的に毎日同じ人がリーダーを務めたりするようです。看護師のリーダーという大変な仕事を、交代で行うことにより、その職務の大変さをそれぞれが理解することができるし、1人1人を育てるためにリーダー職を務めさせると有効的だと言うといういい点もあります。ですが、一方では情報がいろんな人に分散してしまうというデメリットもあります。基本的に、リーダーを1人に決めてしまう事によるメリットは、情報の集約ができるので、効率があがるということです。

看護師の仕事は、常に緊張感を持たなければいけないし、重労働もあるし、夜勤もあるし、患者さんの排泄のお世話をしたりする仕事もあります。決して楽ではなく、つらいことも多いでしょう。ですが、人の為に働ける専門職ということで、誇りを持ち、やりがいを感じながら働いている人がとても多いことでしょう。それは「人の命にかかわる仕事」、「自分が人の為に役立つと実感できる」「患者さんから感謝の言葉をもらえることが喜び」など、看護師として働いていて喜びを味わえる瞬間が多くあるという魅力もあるからでしょう。

好条件の求人が豊富!オススメの転職サイトをご紹介!

第1位 ナースフル
オススメポイント リクルートが運営する看護師専門サイト!
第2位 マイナビ看護師
オススメポイント マイナビ運営の本格転職エージェント!
第3位 ナース人材バンク
オススメポイント 紹介実績豊富な人気転職エージェント!
ナース人材バンク