TOPページ < 地域別 < 倉敷市

倉敷市の看護師求人事情

→看護師転職サイトランキングを見る

倉敷市とは倉敷市は岡山県の南部にある、瀬戸内海に面した都市です。人口は約48万人。倉敷川沿いの白壁の町並みが美しい観光地として有名ですが、一方で大阪市に次ぐ西日本を代表とする工業都市でもあり、製造品の出荷額は約4兆円にものぼります。市内は、エリアごとに特徴ある地域形成がされています。倉敷地区は倉敷市の行政の中心地であり、美観地区の観光が有名です。臨海部の水島と玉島地区は日本有数のコンビナート地帯が形成され、石油化学、鉄鋼、自動車等を中心とした工場が建ち並びます。。児島は学生服やジーンズで有名な地区です。

交通面では、山陽新幹線や山陽本線の鉄道路線と、山陽自動車道、国道2号の主要道路がそれぞれ東西に横断しており、山陰地方を結ぶ伯備線や四国を結ぶ瀬戸大橋・瀬戸大橋線も市内を通っていることから交通や物流の要点としての役割も大きな都市となっています。また、隣接する岡山市内へ通勤通学している人の割合も高く、岡山市の衛星都市としての一面もあります。

倉敷市の病院事情

→看護師転職サイトランキングを見る

岡山県は、病院数、看護師数ともに、全国的にみると比較的多い県と言えます。人口10万人あたりの看護師数は、全国平均で687人なのに対し、岡山県では、912.2人(平成20年末)とかなり高比率です。それでも県内病院の求人数に対する採用割合は88.3%(平成20年度、岡山県調べ)と求人数を満たしていないことから、看護師不足の状態にはあると言えます。

市内にある中核的な医療機関としてはとしては、倉敷中央病院と川崎医科大学付属病院があり、ともに病床数が1000床を超える大規模病院です。倉敷中央病院は、地域がん診療連携拠点病院、総合周産期母子医療センター設置病院、地域医療支援病院、岡山県災害拠点病院、エイズ治療拠点病院、医師の卒後臨床研修指定病院となっていて、高度医療を担う急性期基幹病院です。倉敷中央看護専門学校も有しています。川崎医科大学附属病院は私立医大の附属病院ですが、こちらも岡山県内の地域医療の中心的な役割を果たしています。高度救命救急センターを併設しており、ドクターヘリ事業を行っているのも特徴です。どちらも、看護師にとってはキャリアアップできる職場ではないでしょうか。私立病院としては、旧児島市にある倉敷市立児島市民病院があります。その他倉敷市内には、300を超える病院、クリニックがあります。

看護師の求人を探す場合には、看護師専門の求人情報サイトを利用がおススメです。転職支援サービスは無料で利用できるところが多数あり、求人紹介のほか面接や職場選びのアドバイスも受けられますので、転職をお考えのナースの方は是非利用してみてください。

倉敷市の看護師求人をお探しなら以下の転職サイトがオススメ!!

第1位 ナースフル
オススメポイント リクルートが運営する看護師専門サイト!
第2位 マイナビ看護師
オススメポイント マイナビ運営の本格転職エージェント!
第3位 ナース人材バンク
オススメポイント 紹介実績豊富な人気転職エージェント!
ナース人材バンク