TOPページ < 求人・募集 < 自衛隊

36歳までトライが可能

→看護師転職サイトランキングを見る

自衛隊では独自の養成機関で看護師を養成していますが、一般公募も毎年、実施しています。それによると年齢制限が36歳未満であり、即戦力の看護師を求めていることが分かります。採用されると身分は「特別職国家公務員」となります。

自衛隊の看護師は、病院やクリニックの看護師と同じ業務のほか、国家のために働く自衛官の健康と傷病などの応急手当・看護などが加わります。採用後は、全国各地にある自衛隊の病院などに赴任します。転勤もあります。また、付属の看護師養成機関で、後進の教育にも当たるようです。

一般公募のため、応募資格を有する人は誰でも応募できますが、自衛隊の看護師をめざす人は、他の施設と同様、転職サービスへの登録をオススメします。というのは、最小試験の過去問や傾向と対策などのノウハウを転職サービスは熟知しているからです。

転職サービスに登録すると、専任の担当者が付きます。自衛隊看護師といっても、看護に対する心構えなどに違いがあるわけではありません。今までの看護歴の詳細と看護師に必要なスキルが充分であれば、対応できます。

しかし、身分が安定しているためか、比較的狭き門となっているので、採用試験対策では慎重に構えて臨むことをオススメします。

転職サービスでは、他の企業や病院への就活と同様、看護師経験やスキルから判断し、過不足があれば学習方法を教授し、採否に関わる小論文や面接では、小論文の添削、模擬面接なども行っています。転職サービスではこれらの入職に関わるサービスは全て無料で行い、入職後のフォロー体制も無料です。

自衛隊の看護師を希望する人は、以上のことから転職サービスへの登録が攻略への早道だと思われます。また、採用試験は毎年行われていますので、極端ですがどうしても入隊したい希望者は36歳まではトライすることが可能だといえます。

入職後の職場環境は、自衛隊付属の教育機関出身者が多い事を知っておきましょう。また自衛隊での階級は、中途採用者は同年齢・同経歴でも同じ階級にはなりません。

一方、看護師の高学歴化がすすんでいます。看護師だけでなく、医療従事者一般や一般の仕事だけでなくスポーツ関連に至るまで高学歴の波は及んでいます。そうした時代背景を良く理解し、自衛隊の中途採用にチャレンジするためには確かな専門の技術か、専門看護師認定資格を取得しておくと俄然優位に立つことができます。転職サービスではそうしたことまでナビゲートしています。

自衛隊の看護師求人をお探しならコチラの転職サイト!!

第1位 ナースフル
オススメポイント リクルートが運営する看護師専門サイト!
第2位 マイナビ看護師
オススメポイント マイナビ運営の本格転職エージェント!
第3位 ナース人材バンク
オススメポイント 紹介実績豊富な人気転職エージェント!
ナース人材バンク