応援ナースの制度

→看護師転職サイトランキングを見る

人間の生活の欠かせない医療の場と人材の確保は、当事者である自治体だけでなく行政や関係団体にとっても古くて新しいテーマです。中でも医師に関しては、「奨学金無返還制度で離島赴任5年間の義務」など、あの手この手で確保策が講じられているようですが、決め手に一つ欠けるようです。

さて看護師不足は大都市圏だけでなく、離島や僻地などでも深刻な問題を醸し出しています。転職サービスや看護協会では、こんな状況の離島や、緊急災害場所などに対して「応援ナース」制度を設け、要請に応じて派遣しています。

「応援ナース」は期間を半年から1年、離島に単身赴任して看護師業務に当たるというもの。転職サービスがいわば保証人のような形で、面接もなく書類審査のみで入職するというシステムです。衣食住すべてではありませんが、赴任費用は全額支給、契約報酬は高額で設定されています。応募資格は看護師経験1年以上のため、基本的には看護師資格保持者であれば誰でも応募できます。

「離島の生活を体験してみたい」とか、「将来は僻地医療に関わってみたい」、「貯金を殖やしたい」などを考えている人にはうってつけの制度です。都市型のセレブな生活にあこがれがあるためか、赴任者のなかから定住者はまだ出ていないようです。

一般の企業では、定年後は「晴耕雨読」とばかり、僻地に赴き初めての農耕を手がける人は少なくないのですが、こと医療ともなると定住には厳しい諸問題がありそうです。転職サービスでは、離島の応援ナースだけでなく、緊急時の応援ナースの制度も持っています。こうした応援ナースの諸経費は病院が担当しているようです。

看護師の1年1年は、キャリアアップをめざす人にとって、とても大切な経験期間になります。しかし、離島での期間も、長い人生にとっては貴重な体験になるように思えます。転職サービスに登録すると、日本の周辺の離島に赴任することができます。契約期間を満了後の入職についても、転職サービスが責任を持って納得のいく職場を提示します。離島での業務の期間も就活は進められているのです。

離島の看護師求人をお探しならコチラの転職サイト!!

第1位 ナースフル
オススメポイント リクルートが運営する看護師専門サイト!
第2位 マイナビ看護師
オススメポイント マイナビ運営の本格転職エージェント!
第3位 ナース人材バンク
オススメポイント 紹介実績豊富な人気転職エージェント!
ナース人材バンク