TOPページ < 保健師転職 < 看護師

看護師から保健師に転職

→看護師転職サイトランキングを見る

看護師から保健師に転職するという人も珍しくはなく、それは保健師というのは看護師の資格も取得しているからで、保健師には看護師としての能力も必要とされているので、保健師と看護師には密接な関係があるからなのです。保健師は看護師と同じく国家資格を取得しなければなることができないのですが、看護師の資格をすでに持っている人であれば、保健師になるためには専門学校などで1年か2年教育を受けることで保健師の国家試験を受ける資格が与えられることになるのです。

保健師の目的は看護師が医療現場で直接看護をすることに対して、保健師は健康を維持することと病気や怪我予防をすることが目的とされていて、高齢化社会が進んでいて特定健康診査や特定保健師指導が開始されたことにより、将来的にはどんどん保健師の需要が進んでいくことが予想されているので、看護師から保健師に転職する人も増えていくことが予想されているのです。

しかし今では看護師に人数は90万人を超えているのに対して、保健師の数はその5パーセントほどしかいなくて、それだけ保健師の需要は看護師に比べると少ないということにより、看護師から保健師に転職して希望の職場に就くことはそんなに簡単ではないと言われているのです。現実的にも保健師が働く場所で最も多いのは市町村などの行政機関で、保健師の多くは安定した公務員ということになり、看護師の働く場所の多くは病院ということで、その待遇や環境を考えた時には、残業のない公務員と激務に追われる看護師では、多くの人が保健師になりたいと考えるのは当然のことで、それも看護師から保健師になるための難しいところになっているのです。

しかし看護師から保健師に転職する職場は何も行政機関ばかりではなく、今では民間の企業や民間の老人ホームや介護施設からでも保健師の募集はかなり出ているので、看護師から保健師に転職することは決して諦めなければいけないということでもないのです。看護師から保健師に転職する時には保健師の転職サイトを利用すればよくて、保健師の転職サイトは看護師の転職サイトと同じくなっていることがほとんどなので、転職サイトを利用することでいろいろな情報を得ることができて、さらに転職サイトでは他でも絶対に募集されていない非公開の好条件案件もたくさん用意されているので、看護師が保健師に転職する際にはいろいろな転職サイトに登録するようにして、なるべく条件の良い職場に保健師として転職することをおすすめします。

保健師の求人をお探しなら以下のサイトがオススメ!!

第1位 ナースフル
オススメポイント リクルートが運営する看護師専門サイト!
第2位 マイナビ看護師
オススメポイント マイナビ運営の本格転職エージェント!
第3位 ナース人材バンク
オススメポイント 紹介実績豊富な人気転職エージェント!
ナース人材バンク