30代から保健師になれるの?

→看護師転職サイトランキングを見る

保健師という仕事は資格を必要とする仕事で、その資格も国家試験をパスしなければ取得することができない資格となっています。さらに保健師になるためには専門学校や大学などで決められた時間学ばなければ国家試験を受ける権利さえも与えられないということで、現実的には30歳を過ぎて保健師になるにはかなりの覚悟がなければできないことであると言えるのです。

保健師は行政機関で公務員として働くことが多くなりますが、公務員として働くためには国家試験を受けて保健師の資格を取得した後に、さらに公務員の採用試験を受けなければいけなくて、公務員試験は各自治体でも異なりますは、年齢制限があるので、30歳を過ぎてから公務員なるのは非現実的となる場合が現実的にはあるのです。しかし保健師は資格を取って就職すれば定年になるまではずっと働くことができる比較的安定した職業で、この先高齢化社会が続いていくことは確実なので、保健師の仕事の需要は今まで以上に出てくることは間違いなので、定年が60歳にしても、30歳であればまだまだ保健師として働くことができる時間は残されているのです。

もちろん30歳を過ぎてから勉強するとなると、若い時に比べると大変なことは間違いのないことで、さらに肉体的にもハードなことになると思うので、30歳を過ぎて保健師を目指すには気力も根性も必要なるということは、きちんと理解してから臨んだ方がいいと思います。

実際に30歳を過ぎて保健師になった時には、保健師が働くためには経験がものを言う世界なので、30歳を過ぎた新人保健師には仕事を探すのが難しくなってしまうのですが、そのような時には保健師の転職サイトを利用することがおすすめで、看護師同様保健師は女性が多い職業といことで、結婚や子育てを理由に20代で保健師になってすぐに保健師の仕事を辞めて再び復活しているブランクのある保健師もいるので、保健師の転職サイトを利用することで、ブランクのある保健師のために教育プログラムや研修制度を持っている職場を紹介してくれるので、30代を過ぎている新人保健師でも安心して就職することができることになるのです。

その他にも保健師の転職サイトであれば、保健師の資格を取る支援や、その他にも保健師に必要な資格を取るための支援を行っているとことが多いので、それらを利用してスキルアップに臨むことも可能となっているのです。30歳を過ぎても諦めないで保健師の資格を取っている人はいるので、とにかく諦めないことが大事なことなのです。

保健師の求人をお探しなら以下のサイトがオススメ!!

第1位 ナースフル
オススメポイント リクルートが運営する看護師専門サイト!
第2位 マイナビ看護師
オススメポイント マイナビ運営の本格転職エージェント!
第3位 ナース人材バンク
オススメポイント 紹介実績豊富な人気転職エージェント!
ナース人材バンク