TOPページ < 保健師の現状 < 医療行為

保健師の医療行為はどこまでOK?

→看護師転職サイトランキングを見る

保健師が医師のような医療行為をすることは法律で禁じられているのですが、保健師や看護師というものは、病気や怪我への診療上の世話や診療の補助業務を行うことができるようになっているのです。

看護師と保健師は一般では何が違うのか分かり難いと思いますが、保健師と言うのはその資格を取得するために看護師の資格も必要になるために、保健師は看護師と同様の業務をすることに対しては何も問題はないと言われているのです。保健師は看護師の資格を持っているわけなので、保健師が看護師として働くことは可能で、保健師はいつでも看護師に転職することも可能となっているのです。

看護師というのはただ医療に近い現場で働いていることが多いのに対して、保健師というのは直接医療からは遠い現場で働いていることが多く、そのために看護師はその名前の通りに病気の看護をするのが主な仕事になりますが、保健師というのは健康管理や病気や怪我の予防をするのが主な仕事となっているのです。

保健師の仕事は医療行為を行うことではなく、地域の住民や働く職場の人々に対して、病気の予防や健康促進の計画を立てて実行することで、保健指導と共に健康管理を行うことが仕事となっているのです。保健師が医療の携わることが決してないということではなく、保健師は看護師の資格を持っているために、災害時には医師と同行して被害者の看護にあたることもあり、その時には看護師と同様の仕事を行うことになるのです。保健師の医療行為はどこまでかというのは、具体的に言えば看護師ができる範囲までということになり、保健師は看護師も兼ねている看護のスペシャリストでもあるのです。

保健師が職場を探す時には、保健師としての資格を活かして仕事を見つけることができる他にも、看護師としての資格を活かしても働くことが可能となっているのです。保健師が職場を探す時や転職を考える時には、保健師の転職サイトを利用することがおすすめで、保健師であれば普通の募集でも仕事の募集を探すことができるかもしれませんが、保健師が職場を探す時には他では募集されていない好条件の職場を探すことが可能な保健師の転職サイトを利用した方がよくて、保健師の転職サイトを利用しないで保健師の仕事を探すことは、大きな損につながることになる可能性が高くなっているのです。保健師として自分の希望の職場を探す時には転職サイトを利用することで、専任のコンサルタントが親身になって満足のいく職場を探し出してくれて、希望の年収や職場環境もきちんと考えた上で、最高の職場を探し出してくれるようになっているのです。

保健師の求人をお探しなら以下のサイトがオススメ!!

第1位 ナースフル
オススメポイント リクルートが運営する看護師専門サイト!
第2位 マイナビ看護師
オススメポイント マイナビ運営の本格転職エージェント!
第3位 ナース人材バンク
オススメポイント 紹介実績豊富な人気転職エージェント!
ナース人材バンク