保健師は不足しているのか?

→看護師転職サイトランキングを見る

保健師の現状と将来を見た時には、これから先はどんどん保健師不足が騒がれるようになると言われているのです。保健師不足が進んでいく要因には、特定健康診査や特定保健師指導が開始されたことや、高齢化社会がこの先どんどん進んでいくことが確実視されているのに対して、保健師の数が極端に少ないことが理由となっているのです。

今では保健師の需要が高まっていることもあって保健師の仕事の人気も高まっていて、以前では保健師になるためには専門学校で学んで国家試験を受けるというパターンが主流でしたが、最初から4年生の大学を保健師になるために目指す人が増えてきていて、保健師の教育自体も専門学校から4年生大学へと大きく変わってきているようになっているのです。

保健師の需要は最近では企業からも高まっていて、医務室や保健室のある企業や老人ホームや介護施設などでも保健師を必要とするところが多くなっていて、保健師の数はどんどん不足していくことが分かっているのです。保健師の資格を持っている人の数は現在5万人以下と言われていて、それに対して看護師の数は80万人を超えていると言われていて、看護師の需要はもちろん保健師よりも高いのですが、この数字を見てもいかに保健師の数が少ないということが分かると思います。さらに保健師になるためには、保健師助産婦看護師法で看護師の国家試験を受けて合格しなければ保健師の国家試験を受けて合格しても資格を取得できないとなっていることもあり、それも保健師不足の1つの大きな原因となっているのです。

保健師は今まではあまり注目される仕事とは言えずに目立たない職種だったのですが、特に近年の不景気もあって、保健師は安定した仕事としても認められるようになったことから保健師の仕事は注目を浴びるようなって、多くの人が安定した保健師の資格を取るために頑張るようになっているのです。しかし保健師の数は今では圧倒的に少ないのが目に見えているので、反対に保健師はこれからも非常に就職しやすいものであり、現在働いている保健師も転職しやすい環境にあるということが言えるのです。

保健師が転職する時にはまだまだ看護師のようにたくさんの求人を簡単に見つけられることではなく、保健師として良い条件の職場に就職したいという時には保健師の転職サイトを利用すれば良くて、保健師の転職サイトであれば自分が希望する職場への就職を親身になって探してくれて、自分の条件も専任のカウンセラーが代わりに行ってくれるので、満足のいく就職や転職を行うことができることになるのです。

保健師の求人をお探しなら以下のサイトがオススメ!!

第1位 ナースフル
オススメポイント リクルートが運営する看護師専門サイト!
第2位 マイナビ看護師
オススメポイント マイナビ運営の本格転職エージェント!
第3位 ナース人材バンク
オススメポイント 紹介実績豊富な人気転職エージェント!
ナース人材バンク