男性保健師はいるのか?

→看護師転職サイトランキングを見る

保健師に男性はいるのかというと、今では保健師の1割弱が男性になっているのです。保健師という職業は、以前は看護師が看護婦と呼ばれていたのと同じで、保健師も保健婦と呼ばれていて、男性保健師というのは1994年に行われた保健師国家試験においてはじめて誕生したのです。この時に誕生した男性保健師は67名でしたが、その先男性保健師の数は増え続けていて、今では全体の1割程度になっているのです。

したがって男性保健師は実際にいろいろな現場で活躍しているのが現状なのですが、男性保健師が活躍している場所を見ると圧倒的に地方自治体が多くて、全体の1割程度は保健所で働いていて、男性保健師の約6割が公務員として勤務しているという結果となっているのです。男性保健師の数はまだまだ女性保健師に比べると少ない数字となっているのですが、男性看護師が増えているのと同様に、これから先はどんどん男性保健師が増えていくことが予想されているのです。

男性保健師と女性保健師の違いとは、やはり看護師と同様に女性は女性に健康や病気の相談をしたいということもあり、さらに小さな子供を診てもらう時には女性の方が相談しやすいということもあるので、対女性に関しては、男性保健師はまだまだ壁が厚いとも言えるのですが、しかし今では保健師不足が騒がれていて、これから先はますます保健師不足は確実視されているので、安定して仕事である保健師の資格を取得することには、男性と言えどもかなりのメリットがあると言えるのです。

実際に男性保健師が就職する時には就職先があるのかと言うと、一般で募集されている求人を見ると確かに女性保健師の募集の方が多いのは事実なのですが、しかしインターネットを利用して保健師専門の転職サイトに登録して職場を探すと、男性保健師でもたくさん働くことができる職場は用意されていて、保健師専門の転職サイトであれは、保健師の資格を持っているだけで無料で利用することができて、さらに転職サイトには頼りになる専任のカウンセラーが全てのことをお世話してくれるということで、男性保健師でも自分の希望をいろいろ話して相談することで、きっと希望通りの職場を紹介してもらえることになるのです。男性保健師だからと言って妥協することはなく、転職サイトであれば自分では探すことができない非公開の好条件の求人がたくさん用意されているので、男性保健師で仕事を探している人は、是非保健師の転職サイトを利用して希望通りの就職先を見つけるようにして下さい。

保健師の求人をお探しなら以下のサイトがオススメ!!

第1位 ナースフル
オススメポイント リクルートが運営する看護師専門サイト!
第2位 マイナビ看護師
オススメポイント マイナビ運営の本格転職エージェント!
第3位 ナース人材バンク
オススメポイント 紹介実績豊富な人気転職エージェント!
ナース人材バンク