TOPページ < 保健師 < 養護教諭との違い

保健師と養護教諭の違い

→看護師転職サイトランキングを見る

保健師が働く職場は様々なところがありますが、保健師が働く職場には学校保健師という仕事があるのです。学校保健師というはそれぞれの学校に通う生徒や教職員の健康管理を行うという仕事で、さらに生徒である子供達に保健の知識を普及させるという役割があるのです。しかし保健師の資格だけで学校保健師として働くことができるのは、大学と専門学校の保険室でだけと学校保健法によって定められていて、大学や専門学校以外の小学校、中学校、高校では養護教論の資格を持っていないと働くことができないことになっているのです。したがって保健師と養護教論の違いというのは、養護教論の資格があるかないということになっているのです。

養護教論になるためにはいくつかの方法があって、養護教論には1種と2種がありますが、まず養護教論1種免許を取得する方法の1つには、養護教論課程のある4年生の大学で学ぶ方法と、2つ目には看護師の免許を取得した後に養護教論養成施設で半年以上学ぶか、3つ目には保健師の免許を取得した後に養護教論教養施設で半年以上学ぶか、4つ目には養護教論2種免許を取得した後に一定の経験を積んで、その後で養護教論養成課程のうち、所定の20単位以上を取得して教員職員検定に合格しなければいけないのです。

養護教論2種免許を取得するための1つ目には、養護教論養成課程のある短大か養成施設で学ぶ方法があって、2つ目には保健師の免許を持って、教職員免許法で定められた単位を修得する方法と、3つ目には臨時免許証を取得した後に一定の経験を積んで、所定の教育を受けるという3つの方法があるのです。1種と2種の違いというのは教育課程の違いということで、実際の業務においてはこの2つで違いはないのですが、やはり1種と2種では働いた時には所得や昇給や昇格にも差が出てくることになってしまうのが現実なのです。このように保健師と養護教論ではできることにかなりの違いが出てくることになり、やはり学校保健師として活躍の場所を広めるためには養護教論の免許を取るようにした方がいいのです。

しかし養護教論養成課程のある大学を卒業することにより、看護師や保健師の免許がなくても養護教論になることができるようになっているのです。最初から養護教論だけを目指している人は養護教論養成課程のある大学に入学することを目標にすればいいこととなっているのです。養護教論に求められていることと言うのは児童や生徒に保健に対する正しい知識を教えることなので、小学校、中学校、高校で学校保健師として働くためには、養護教論の免許は必ず必要になるのです。

保健師の求人をお探しなら以下のサイトがオススメ!!

第1位 ナースフル
オススメポイント リクルートが運営する看護師専門サイト!
第2位 マイナビ看護師
オススメポイント マイナビ運営の本格転職エージェント!
第3位 ナース人材バンク
オススメポイント 紹介実績豊富な人気転職エージェント!
ナース人材バンク