TOPページ < 保健師 < 役割

保健師の役割

→看護師転職サイトランキングを見る

保健師の働く場所と言えば、以前は国や地方自治体での勤務がほとんどだったのですが、保健師が働く場所は最近ではそれ以外にも様々なところに広がってきているために、もちろん保健師の役割というものはどこで働いても基本的には同じとなっているのですが、具体的に保健師がしなければいけない役割はそれぞれの職場によって異なることとなっているのです。

地方自治体で働く保健師は、保健師が担当する全てのエリアの人達を対象としますが、地方自治体の保健師が多く関わるのは障碍者や要介護者や母子家庭も人達ということになるのです。これらの人達に対しての保健師の最も大きい保健師の役割というものは、それぞれの人達の相談相手になることで、肉体的なことはもちろん精神的なことにも社会的な相談にも乗ってあけなければいけないのです。保健師が働く職場としては保健所が多くなりますが、保健所で働く保健師は健康と福祉と環境作りに役立つことに加えてインフルエンザなどの予防や、伝染病などの被害を最小限に抑える対策なども役割として加わることになるのです。

最近どんどん増えてきている保健師の職場には老人ホームがありますが、老人ホームでは看護師が老人達の病気に対しての看病を担当しているのに対して、保健師は老人達が老人ホームで肉体的にも精神的にも社会的にもバランスのとれた環境を模索して、もし医師の受診が必要だと判断すれば医師に診てもらうようにして、リハビリが必要だと判断する時にはリハビリセンターに導く役割をするのです。最近保健師の需要が増えてきている企業での保健師の役割とは、企業で働く雇用主と従業員達の健康管理が主になります。その他にも保健師の活躍の場として有名な学校の保険室での保健師の役割とは、教員や生徒の健康管理が主な役割となるのです。

保健師は保健師免許があれば養護教員にもなることができるとういうことで、保健師の役割は本当に多岐に渡ることになるのです。このように保健師とは所定の専門教育を受けて地域活動や保健指導などを通じて、病気の予防や健康増進などの公衆衛生活動を行う地域看護の専門家としてというのは基本的な役割となり、保健師の職場となるところは上記で示した通りに今では保健所や学校の他にも企業や民間の老人ホームなどでも需要が増えていて、それぞれが求める保健師の役割は、基本的なところは全て同じということになっていますが、少しずつ異なるようになっているのです。

保健師の求人をお探しなら以下のサイトがオススメ!!

第1位 ナースフル
オススメポイント リクルートが運営する看護師専門サイト!
第2位 マイナビ看護師
オススメポイント マイナビ運営の本格転職エージェント!
第3位 ナース人材バンク
オススメポイント 紹介実績豊富な人気転職エージェント!
ナース人材バンク