TOPページ < 保健師 < 仕事内容

保健師はどんな仕事をするの?

→看護師転職サイトランキングを見る

保健師と言っても、保健師は働く職場によっては仕事内容が異なることとなり、もちろん保健師としての基本的な役割はどこで働いても一緒ということになりますが、保健師の働く場所は大きく分けると3つに分けられることになるのです。保健師には地域で働く保健師と、学校保健師と産業保健師に分けられるのです。どこで働いたとしても保健師は関わる全ての人達の健康を守るという基本的なことは同じになるのですが、やはりそれぞれの職場では行うことが変わってくるのです。

この中で地域の保健師というのは公務員採用試験に合格した人となり、地域の保健師は地町村や都道府県などの住民のための、病気の予防や健康増進活動や病院がいる家庭などへのアドバイスなどを行うことになります。これに対して学校保健師というのは、学校で生徒や先生などの健康管理を行う保健師のことで、産業保健師というのは民間企業に採用されて、企業の従業員などの健康管理を行うことが仕事になるのです。最近では企業に採用される保健師や民間の老人ホームに採用される保健師も多く、保健師の働く場所も仕事内容も以前とはかなり異なるようになってきているのです。

保健師はこのようにいろいろな職場でいろいろな仕事を行っているのですが、そのため保健師の中には職場を移りたいという人も多くなっていて、同じ保健師として働くにも自分の希望に合った職場を選んで働きたいという人が増えているのです。しかし保健師の職場は増えていると言っても、保健師は看護師のように働くことができる職場がいつでも用意されているという状況ではなく、保健師として転職を希望している人には保健師の転職サイトを利用することをおすすめします。

保健師の資格を持っている人であれば誰でも無料で転職サイトを利用することが可能となっていて、今では多くの保健師が希望の職場へ転職サイトを利用して転職しているのです。保健師が転職サイトを利用するメリットは、転職サイトを利用することで他では探すことができない非公開求人を探すことができるということで、非公開求人というのは一般的に募集されている求人よりも条件がかなり良いところが多くなっているので、保健師で転職を希望する時には転職サイトの利用をおすすめします。転職サイトを利用する時にはインターネットで探せばすぐ見つけることができて、転職サイトはいろいろなものがあるので、一番自分の条件に合う職場をじっくりと探すようにして下さい。

保健師の求人をお探しなら以下のサイトがオススメ!!

第1位 ナースフル
オススメポイント リクルートが運営する看護師専門サイト!
第2位 マイナビ看護師
オススメポイント マイナビ運営の本格転職エージェント!
第3位 ナース人材バンク
オススメポイント 紹介実績豊富な人気転職エージェント!
ナース人材バンク