TOPページ < 保健師 < 専門性

保健師は専門性が必要?

→看護師転職サイトランキングを見る

保健師には専門性が必要かということになると、保健師には特別に専門性が必要な職場もあれば、そうでない職場もあると言うことが言えるのです。

保健師を大きく分けると行政専門保健師と産業専門保健師と学校専門保健師などに分けられていて、それぞれの保健師が働く環境によって、行わなければいけない仕事に大きく違いが生まれることになるのです。例えば行政保健師の仕事は、一般の人からすると一体何をしている人なのか分からないという人がほとんどだと思います。行政保健師は、同じ職場の他の部署の人でさえはっきりとした仕事内容を把握されていない部分があって、行政保健師になったばかりの人の中には自分で何をしていいのか分からないという人も多くいるとのことなのです。

行政保健師の仕事というものは、地区担当に暮らしている全ての人を対象として、その全ての人達が健全で安全にい生活することができるようにするということが行政保健師の役割なのですが、しかし具体的に何をするかということははっきり決められているということではなくて、どのようにして全ての人が健全で安心して暮らしていけるかを保健師自身が問題点を考えて、導いてあげることが行政保健師の仕事ということになるのです。すなわち行政保健師とは自分で仕事を作って自分でそれをこなしていく専門職ということになり、保健師には専門性が必要だということになるのです。

これに対して産業保健師の場合には具体的に行わなければいけない業務が決まっていて、その業務に追われる状況となっているために、行政保健師のような専門性は必要とされないということになりますが、産業保健師になるまでにはいろいろな専門的な知識を身に付けなくては産業保健師にはなれないので、いずれにしても保健師にはある程度の専門性は必要だということになっているのです。

さらに今までにはなかった老人ホームや介護などの分野でも保健師の需要は増えていくことが予想されていて、実際に今ではそれらからの募集が多くなってきているために、保健師が活躍する場所は増えてきていて、多くの保健師が転職をするようになってきているのです。これから先は専門性に長けている保健師の需要も多くなることが予想されていて、高齢化社会が進む中では高齢化専門の保健師も作られるのではないかと言われていて、保健師の職場は今でこそそれほど多くはないと言われていますが、将来的には専門性の高い保健師がますます活躍できる環境が整えられていくと思われるのです。

もともと保健師のほとんどは看護師資格も持っている人のことであり、保健師であれば仕事に困ることはないと言われていて、いろいろな専門的な知識を持つ保健師はこの先かなり注目を集める職業となっていくのはないかと思います。

保健師の求人をお探しなら以下のサイトがオススメ!!

第1位 ナースフル
オススメポイント リクルートが運営する看護師専門サイト!
第2位 マイナビ看護師
オススメポイント マイナビ運営の本格転職エージェント!
第3位 ナース人材バンク
オススメポイント 紹介実績豊富な人気転職エージェント!
ナース人材バンク