TOPページ < 保健師 < 年齢制限

保健師の年齢制限について

→看護師転職サイトランキングを見る

保健師の年齢制限を設けている職場は多くなっているのが事実です。保健師になるために保健師の国家資格を持っていなければいけなくて、国家資格を取るためには決められた3つのコースを選択して、最短でも資格を取るためには高卒後4年間はかかることになるので、自然に22歳前には保健師として働くことができないために、保健師に22歳以下の制限を設ける必要はありませんが、保健師を雇う職場では上限の年齢制限を設けているところが多くなっているのです。

保健師として採用するところは、ほとんど新卒の採用を謳うところはないのですが、行政保健師の場合であれば、ほとんどは20代後半までに年齢制限を設けているのが目立ちます。そのため行政保健師を目指すのであれば、寄り道をしないで早い段階で試験を受けるようにした方がいいことになるのです。中には行政保健師でも年齢制限が緩い地域もあって、その場合は即戦力の経験のある保健師を採用したいと考えているので、自分の働きたい地域の保健師の募集内容をきちんと調べてみることをおすすめします。

最近は民間の企業から保健師の募集も多くなってきていますが、民間の企業から保健師の募集は新卒のような若い保健師よりも、即戦力になる保健師が求められることから、民間の企業の保健師は20代から30代前半の保健師の募集が多くなっているのです。保健師の募集は20代から30代が最も多く、学校保健師の場合もこの年齢層に募集は集中しますが、今では少子化と教育機関の統廃合により、学校保健師の募集は激減している状況となっているのです。

その他の保健師の募集をみると、病院や診療所の保健師の募集は新卒でも経験者でも幅広く募集が出ているので、年齢が高い人はいろいろ調べると保健師としての就職先は結構見つけることができるようになっているのです。今では以前では保健師の募集がなかった老人ホームからの募集もあって、老人ホームからの募集を見ると、年齢制限は他の職場に比べるとかなり緩くなっている傾向にあるのです。さらに行政保健師や企業の保健師や学校保健師や病院などの保健師のほとんどには定年制が敷かれているのが普通ですが、老人ホームの場合には定年の年齢も高めになっていたり緩くなっているので、長く保健師として働きたい人にはおすすめの職場ということになるのです。

保健師で転職したいと考えている人も多いと思いますが、保健師として転職する時には、保健師の転職サイトを利用するようにすることがおすすめで、保健師の転職サイトであれば年齢制限や自分の希望の職場のこともきちんと相談の応じてくれて、条件の良い職場を紹介してくれるのです。

保健師の求人をお探しなら以下のサイトがオススメ!!

第1位 ナースフル
オススメポイント リクルートが運営する看護師専門サイト!
第2位 マイナビ看護師
オススメポイント マイナビ運営の本格転職エージェント!
第3位 ナース人材バンク
オススメポイント 紹介実績豊富な人気転職エージェント!
ナース人材バンク