TOPページ < 保健師 < 看護師との違い

保健師と看護師の違い

→看護師転職サイトランキングを見る

保健師の中には保健師専門の大学を卒業して保健師として働いている人もいますが、ほとんどの保健師はもともと看護師であり、看護師の資格を取得した後に、1年間の保健師養成課程を経て保健師の国家試験に合格した人が保健師ということになっているのです。したがって保健師というのは看護師の資格も同時に兼ね備えている人がほとんどということになり、看護師としてキャリアアップを目指して保健師の資格を取得する人も多いのです。

保健師と看護師の仕事の違いははっきりとしていて、看護師のほとんどが病院などの医療施設などで働いていて、保健師が保健所や市役所や大学や学校や福祉施設や民間企業などで働いているのです。看護師の役割は病気や怪我を治療するために働いているのに対して、保健師は病気や怪我を防ぐために働いている人のことなのです。保健師の多くは看護師としての知識も持っているために、看護師としての知識を十分に活かして病気や怪我の予防に役立てていくことができることになるのです。

このように看護師と保健師は同じ業務に対する知識を持っているということになるのですが、保健師は看護師になることはできても、看護師は保健師の資格を取らない限りは保健師としての仕事を行うことができないことになっているのです。実際に保健師は保健所の医師と一緒に予防接種や感染症の治療などを行っていて、災害時には保健師も医療行為に携わることもあると言われているのです。このように保健師は看護師の資格も持っている医療のスペシャリストとも呼べる人のことで、保健師になるためにいろいろな知識を持つことが必要とされることとなっているのです。

しかし保健師として働くことは看護師よりも難しいことで、保健師が転職を考えた時には今ではいくらでも仕事を探すことができる看護師とは比べて、多くの職場は保健師には用意されていないのが現実なのです。その理由は看護師ほどの需要がないからで、保健師として働く職場も人数も限られていて、保健師として希望の職場に就職することは難しくなっているのです。しかし保健師が転職する時には保健師の転職サイトを利用することで有利に転職を行うことができるようになり、保健師の資格を持っている人であれば、保健師の転職サイトを探して登録することにより、専属のコンサルタントが希望の職場を探してくれて、仕事が見つかるまで一生懸命お世話をしてくれるのです。保健師の転職サイトには一般的には募集されていない好条件の非公開求人も多くなっているので、自分が希望する以上の職場が見つかる可能性が高くなっているのです。

保健師の求人をお探しなら以下のサイトがオススメ!!

第1位 ナースフル
オススメポイント リクルートが運営する看護師専門サイト!
第2位 マイナビ看護師
オススメポイント マイナビ運営の本格転職エージェント!
第3位 ナース人材バンク
オススメポイント 紹介実績豊富な人気転職エージェント!
ナース人材バンク