TOPページ < 求人・募集 < 保健室

企業マンとしての心構え

→看護師転職サイトランキングを見る

一般に「保健室」というと、小学校などの教育機関に設けられている「保健室」と企業内に設けられている「保健室」があります。小学校から高等学校までの保健室では「養護学校教諭」が担当し、大学などの保健室や企業内保健室は看護師や保健師が担当します。

企業内保健室には産業保健師が常駐し、場合によっては看護師も配置されます。また企業内に診療所が設けられているところは医師・看護師が常駐しており、場合によっては保健師も配置されます。

こうした保健室の看護師求人は、比較的一般公募が少なく、転職サービスなどのサイトに求人情報が寄せられる傾向にあります。保健室での勤務を希望する場合は、転職サービスに登録することから始めましょう。登録することで、保健室求人の情報を知ることができます。

また保健室といっても、企業や施設によりその内容はマチマチです。企業内の診療所では、医師などが常駐しており、看護師の業務は病院やクリニックなどとほぼ同じです。風邪や腹痛、頭痛といった比較的軽傷の患者(企業の社員や関係者)の処置にあたります。重傷の場合は専門医の紹介や手配なども行います。欠かせないのはPCスキル。全社員の健康データや体調動向などの管理はPCで行われています。転職サービスに登録することで、入職前に必要なスキルや心構えを知ることができます。

また医師不在の企業内保健室では、健康診断が主要な業務になります。社員の不定愁訴や精神面の対応も業務の一つです。メンタルケアの専門知識が要求されます。

こうした技術に関しても、転職サービスに登録していると、入職前に知らせてくれるだけでなく、学ぶ方法も教えてもらえます。企業内保健室の求人は一般公募されていないため、就活そのものだけでなく採用されるためのデータも入手は難しくなっています。

転職サービスではこうした保健室採用のノウハウをさまざまに保存しています。履歴書や職務経歴書の書き方、採用試験の傾向、面接での質問事項など、あらゆる角度から「採用合格」を勝ち取るためのお手伝いをします。場合によっては「小論文」の添削や「模擬面接」も行っています。企業内保健室への勤務は、看護師であると同時に企業マンになることでもあります。企業マンとしてのマナーや接遇などに関しても徹底的に指導してもらえます。

保健室求人の情報が掲載されると、いち早くお知らせすることができるのも、転職サービスの特徴です。求人チャンスを見逃すことのないよう、一日も早く転職サービスに「登録」しましょう。

保健室の看護師求人をお探しならコチラの転職サイト!!

第1位 ナースフル
オススメポイント リクルートが運営する看護師専門サイト!
第2位 マイナビ看護師
オススメポイント マイナビ運営の本格転職エージェント!
第3位 ナース人材バンク
オススメポイント 紹介実績豊富な人気転職エージェント!
ナース人材バンク