TOPページ < 地域別 < 函館市

函館市の看護師求人事情

→看護師転職サイトランキングを見る

函館市は、渡島半島の南東端に位置する、中核市です。人口は、およそ28万人で、札幌市、旭川市に次いで道内で第3位の規模です。漁業と観光業が主で、最近では食品加工業が盛んになってきました。北海道を代表する鮨の街とも言われています。また、市内には、重要伝統的建造物群保存地区、五稜郭、トラビスチヌ修道院、大沼国定公園など、観光スポットが数多くあります。函館山からの夜景は、日本三大夜景の一つになっています。交通網も函館空港があり2時間足らずで東京圏へもアクセスできます。北海道新幹線の新函館駅が2015年度末までに完成の予定で、今後ますます道内、本州との連絡もよくなり利便性が高くなるでしょう。

函館市の気候は、津軽暖流の影響で、北海道のその他の地域に比べて冬の寒さもそれほど厳しくなく、降雪量も少ないのが特徴です。北海道の中では、一番過しやすいところなのではないでしょうか。

函館市の医療分野における特徴としては、市で作りあげた地域医療連携システムというものが挙げられます。重篤患者の治療に特化した病院や、リハビリに特化した病院、その他訪問看護など、病院は、その病院に課せられた役割を担い、それらが横にしっかりとネットワークシステムで繋がっており、患者の情報を一元管理して、患者の治療に総合的に取り組むという体制が整っています。

医療従事者の面からみてみると、医師や看護師の数は増加傾向にありますが、地域医療に携わる人は、依然不足がちであると言えます。地域での偏りも見られます。また、看護師に関しては、夜勤が敬遠される傾向にあります。また、北海道の地理的な問題が影響し、北海道内の医療教育機関から遠のいてしまっています。ですから、今後は、函館市を含む北海道南部地域で独自に、医療従事者の育成や確保を図ってくことが課題となってきます。その一環として、大学に医学部を設置する案が検討中です。市内には、財団法人日本医療機能評価機構より認定基準を満たしていると認められた市立函館病院があります。またこの病院は地域がん診療連携拠点病院に指定されています。こちらでは、地域の医療機関の医療従事者向けの研修も行っており、人材育成にも努めています。

函館市の看護師求人

→看護師転職サイトランキングを見る

○市立函館病院
勤務地:函館市港町1丁目10番1号
最寄駅:JR五稜郭駅
勤務科:消火器内科・小児科・皮膚科・整形外科・産婦人科ほか

○独立行政法人国立病院機構函館病院
勤務地:勤務地:北海道函館市川原町18−16
最寄駅:JR函館駅
勤務科:内科・神経内科・呼吸器科・消化器科・循環器科・小児科・外科・整形外科ほか

函館市の看護師求人をお探しなら以下の転職サイトがオススメ!!

第1位 ナースフル
オススメポイント リクルートが運営する看護師専門サイト!
第2位 マイナビ看護師
オススメポイント マイナビ運営の本格転職エージェント!
第3位 ナース人材バンク
オススメポイント 紹介実績豊富な人気転職エージェント!
ナース人材バンク