TOPページ < 転職事例 < 派遣の転職

就職スタイルまで相談できるサービス

→看護師転職サイトランキングを見る

派遣看護師とは、決められた期間のみ看護師を必要とする病院などで求人があります。たとえば産休代替え要員として、産休の期間を働いてもらうことになります。この場合、働く職場は病院になりますが、雇用者は派遣会社になり、給与は派遣会社が支払います。

派遣看護師の転職は、@現在所属している派遣会社から違う派遣会社に転職する、A派遣会社を退職し病院などに転職する、B派遣されている病院に転職するなどのパターンがあります。もちろんこの他に、派遣看護師からパートへの転職やアルバイトへの転職もあります。個々では上記@〜Bを見てみます。

@では派遣会社との契約になるため、契約満期や契約内容に不満がある場合は、当然「転職」が考えられます。派遣会社にとっては、登録した看護師は商品になるため、看護師に有利な条件が提示されますが、看護師転職サービスのような「サービス」は行われていません。そのため、派遣看護師で転職を考えている人は、転職サービスへの登録をオススメします。

専任の担当者が職歴やスキルなどをお聞きした上で、希望する就職スタイルを一緒に考えてもらえます。派遣のスタイルがよいのか、病院などへの入職がよいのか、登録した看護師にとって一番ベターな就職スタイルが得られるはずです。

Aは一般の転職と同じです。転職サービスに登録し、職務経歴やスキル確認後、希望する病院などが紹介されます。

Bでは、限られた期間の派遣であっても、期間満了後、派遣先で本採用への移行を薦められることがあります。

そんなときも転職サービスに登録して、現状を相談してみてください。該当の病院の待遇で本当によいのか、病院の雰囲気は?などなど。病院の内部情報まで転職サービスでは入手していることがあります。詳細な情報を得てからでも対応は遅くはありません。

さらに一般的には、派遣看護師の方が年収換算では高額です。技術と知識が欲しいための採用意向なのか、それとも人件費を下げるための採用意向なのか―本人が聞きづらいこうした駆け引きなどについても、担当者が代わりにお聞きし交渉してくれます。

入職は一生の問題です。転職サービスでは、必要ならば病院と待遇交渉も行います。転職サービスのこうした便利なシステムを大いに活用しましょう。

派遣の看護師求人をお探しならコチラの転職サイト!!

第1位 ナースフル
オススメポイント リクルートが運営する看護師専門サイト!
第2位 マイナビ看護師
オススメポイント マイナビ運営の本格転職エージェント!
第3位 ナース人材バンク
オススメポイント 紹介実績豊富な人気転職エージェント!
ナース人材バンク