TOPページ < 基本情報 < 業務内容

看護師の業務内容

→看護師転職サイトランキングを見る

看護師の業務内容は、勤務する病院の規模や診療科によってまったく違います。同じ看護師であっても救急外来や救命病棟のあるような病院では、手術室で医師のサポートをしなければなりませんし、地域の個人病院では、看護師が事務作業を兼ねているところもあります

どんな病院に勤務するか。どの診療科に勤務するか。患者さんをケアする。といった大きな業務内容には変わりはありませんが、看護師の業務は病院のシステムによっても多岐に渡るので、自分の希望する病院の条件は、看護師転職サイトで検索して比較することがベストです。

大規模な病院では電子カルテが導入されているので、看護師が膨大な量のカルテを管理する手間を省くことができます。また、医療事務や看護助手がカルテ管理をすることもあれば、看護師が自らカルテの整理や管理をしなければならない場合もあります。「カルテ管理なんて大したことない。」と思うかもしれませんが、新しい患者さんが来院するたびにカルテは増えていき、患者さんのカルテは破棄することができないので、検査データの添付やページの追加・補修など、管理業務1つにしても数えたら切りがありません。

更に包帯や滅菌ガーゼ・舌圧子など診療に必要な備品の管理や、消毒液や医療用ゴム手袋・シーツやボールペンに至るまで、在庫管理や受注注文などを含めるとその業務は、本来の看護師の業務をオーバーするほどの量になります。

また、特殊な診療外来の予約・検査の介添え・入院患者さんへの配膳や病室の衛生管理など、大規模な病院になればなるほど、看護師以外の人員が確保できるので看護師の業務内容は専門的になりますが、個人病院や診療所では多くのことをこなさなければなりません。それだけ看護師の負担する業務が増えるということです。その代り大規模な病院では夜勤や当直業務がありますが、入院設備のない個人病院は、だいたい同じサイクルで勤務することができます。

看護師転職サイトの求人情報に全ての業務内容が記載されているわけではありませんが、業務内容は仕事のモチベーションを左右するものなので、どこまでの業務なのかを確認しておきましょう。患者さんの療養サポートや診療補助以外に何があるのか。夜勤はどの程度あるのか。しっかり見比べて、自分の希望とマッチングする病院を見つけて下さい。

転職するならエージェントを利用するのが得策です!

第1位 ナースフル
オススメポイント リクルートが運営する看護師専門サイト!
第2位 マイナビ看護師
オススメポイント マイナビ運営の本格転職エージェント!
第3位 ナース人材バンク
オススメポイント 紹介実績豊富な人気転職エージェント!
ナース人材バンク