TOPページ < 悩み < 激務

看護師の激務

→看護師転職サイトランキングを見る

看護師の仕事が「激務」であることは、一般に良く知られています。しかし、具体的な激務の内容については余り知られてないようです。激務の原因である三交代制の勤務は、24時間体制で業務に臨む病院にとっては不可欠な体制です。病院によって三交代・二交代の違いがありますが、ここでは三交代で勤務する看護師の「日勤・準夜・深夜」のタイムテーブルをみてみましょう。
ちなみに三交代の時間帯は下記の通りです。
日勤(8:00〜16:30)
準夜(16:00〜23:30)
深夜(23:00〜8:30)
この時間帯は病院により異なります。

日勤から深夜勤務になるときは、日勤の仕事を終えてから準夜に入るまで7時間しかなく、看護師は、帰宅・夕食後も仮眠を取る時間がありません。日勤の仕事はほとんど立ちっぱなしのため、看護師にとって一番きつい状態といえます。準夜の次が日勤の場合も同じです。夕方16:00から出勤し23:30まで仕事、翌朝の8:00スタンバイまで8時間30分しかなく、看護師の言葉「ほとんど24時間仕事をしている感じです」がうなずけます。

病院により異なりますが、1日は午前零時が起点となり24時間後の午前零時で1日を終えます。この24時間を3分割したのが三交代の勤務になっているのです。看護師の勤務表は1ヶ月前に作成されますが、日勤の夜の準夜、準夜の翌朝の日勤というスケジュールがどう工夫しても入ってしまうようです。

逆に看護師にまとまった時間として、有効利用されているのが深夜勤務が明けたときです。深夜勤務の明けは8:30。その日の第一番目の仕事の終了で、次の仕事に入る時間は、日勤であれば翌8:00のため、約24時間が自分の時間となります。さらに深夜明けの翌日は公休となることが多く、まるまる2日が自分の時間となります。週休2日制であっても、連続した休暇が取りにくい看護師にとって、夜勤明けに続く公休は、貴重な連続した休暇なのです。

もう一つの「激務」は、看護師の仕事は立ちっぱなしであるということ。1日中立ちっぱなし動きっぱなしのため、新人看護師は「慣れるまでが大変でした」と口を揃えて言います。しかしこれも病棟勤務1ヶ月ぐらいで身体が順応してきます。「動かないでいると体調が不調になる」と感じ始めたら慣れた証拠です。

厚生労働省では生活習慣病の予防や寝たきり予防に「1日1万歩」を推奨していますが、看護師は仕事で悠々とこなしています。病棟勤務に欠かせない三交代や二交代の勤務ですが、病院により時間帯に違いがあります。今の時間帯が自分にそぐわないと感じたら、他の病院の時間帯を調べてみませんか。

転職エージェントでは、希望する地域の病院の交代時間を把握しています。閲覧するには、転職エージェントへの登録が必要です。交代の時間が30分違っても、身体がうんと楽になる場合があります。現在の交代時間がきついと感じたら、まずは転職エージェントに登録してみましょう。

ゆとりのある職場をお探しなら以下のエージェントでの検索がオススメ!

第1位 ナースフル
オススメポイント リクルートが運営する看護師専門サイト!
第2位 マイナビ看護師
オススメポイント マイナビ運営の本格転職エージェント!
第3位 ナース人材バンク
オススメポイント 紹介実績豊富な人気転職エージェント!
ナース人材バンク