TOPページ < 機能別看護方式

機能別看護方式とは

→看護師転職サイトランキングを見る

病院に入院する時、患者さんにとって、ずっと同じ看護師が看護してくれると言うことは無いと思います。日によって変わることが多いでしょう。患者さんにとっては、担当の看護師にずっと看護をしてもらいたいと希望することが多いとは思いますが、24時間体制で看護にあたるわけですから、日勤や夜勤など2交代や3交代制でシフトが組まれたり、他の入院患者も受け持っている場合もあります。看護師も人間ですから、休みも必要です。さらに、日本の看護師数は常に人手不足と言われて問題になっている様な状況ですから、不可能なことなのです。

そんな人手不足の状況の中、各病院や医療施設では、患者さんに対して十分な看護ができるように、いろいろな看護方式を考え、看護師が業務を分担して実施する体制をとっています。看護方式には、チームナーシング、固定チームナーシング、プライマリーナーシング、モジュール型看護方式、機能別看護方式などが一般的なものですが、それぞれメリットとデメリットがあるため、2つの看護方式を組み合わせている病院、医療施設が多いようです。

機能別看護方式とは、投薬や処置、検温、注射、清拭のような業務の内容、機能によって看護師の役割を決めて、一人の看護師が複数の患者に対して同じ機能の提供するのです。この看護方式は、看護師の能力に応じて業務を割り当てることができるし、分業化ができるため業務効率が高く、必要最低人員で看護を提供できるというメリットがあります。けれど、患者さんにとっては多くの看護師が次々に看護にあたるため、信頼がおけなかったり不安になったり、コミュニケーションが取りづらかったりというデメリットもあります。また、看護師間のコミュニケーションも取りにくくなるし、決まった業務しか行わない為に看護師一人一人の成長が期待できない、看護師のやりがいや満足感も減少してしまうというような問題点もあるようです。

今現在では、この機能別看護方式をとっている病院は、とても少なくなっているようですが、地方の病院へ行くほど多いようです。病院内の患者数に対する看護師人数によっては、この方式を取らざるを得ないというところもあるようです。機能別看護方式の方が、夜勤から日勤への申し送りが早く終わるため、夜勤だけはこの方式をとっているところもあるようです。

この看護方式は、問題点も多いことから、他の看護方式と組み合わせて看護を行っているところが多いようです。また、非常勤の看護師だけは、この看護方式を行っているというところもあるようです。

転職をお考えならこのサイトを利用すると便利です!

第1位 ナースフル
オススメポイント リクルートが運営する看護師専門サイト!
第2位 マイナビ看護師
オススメポイント マイナビ運営の本格転職エージェント!
第3位 ナース人材バンク
オススメポイント 紹介実績豊富な人気転職エージェント!
ナース人材バンク