TOPページ < 転職事例 < 外来担当

外来担当の看護師に転職をする!

→看護師転職サイトランキングを見る

病棟看護師の中には、外来の仕事に転職をしたいという希望を持つ人も多いようです。病棟の場合、夜勤を担当しないといけません。しかし外来の担当になれば、夜勤を担当することがなくなります。また外来の受付は、通常土日や祝日は対応していないので、週末は休日になります。休日が不規則な病棟と比較すると、労働環境はずっといいと思う人も多いです。

しかし、外来には外来の大変さがあるので、あまり安易に転職をしないことです。まず病棟と比較すると楽そうというイメージを持つ人もいるかもしれませんが、実際の仕事は結構ハードです。患者の受付から始まって、医者の診察の補助、検査が必要な場合の手続きや手配などいろいろな業務をこなしていかないといけません。特に、月曜日の午前中は、かなり忙しくなると思ってください。週末の診察に来ることができなかった患者が殺到することが考えられるからです。総合病院などの大規模な病院であれば、かなり患者の数が多くなるので患者をさばくだけでも手いっぱいになってしまうこともあるといわれています。

このように、病棟に比べれば圧倒的に楽という先入観を持っているのであれば、それは考え直した方がいいでしょう。また受付などの応対を看護師が担当することも少なくありません。つまり、ナースは医療のスペシャリストであると同時に、病院の顔という重要な役割を担うことになります。皆さんの態度がいいか悪いかで、病院全体のイメージが決まるという重要な役割を担っていることを理解しておきましょう。業務が大変になると、どうしても適当な応対になったり、不機嫌に応対してしまったりするかもしれません。しかしそれは患者にとっては、決定的なマイナスイメージになりかねません。どのような状況でも笑顔で応対することが求められる職場です。

決して楽な仕事ではないものの、経験することでキャリアアップにつなげることも可能です。先ほど紹介したように、患者の応対から医者の診察の補助、検査の手配、注射・点滴などいろいろな仕事をこなしていかないといけません。その時々に応じて、何を優先してやるべきかを考えながら行動します。このため、ある程度の期間、業務をしていると対応力や判断力が培われるはずです。また、バイトで日勤だけなどの仕事にも対応していることが多いので、結婚・出産の後でも、家事や育児と両立しながら活躍できる可能性もあります。興味のある人は、転職エージェントに登録して、キャリアコンサルタントに相談してみるといいでしょう。

外来担当の看護師求人ならこのサイトで探そう!

第1位 ナースフル
オススメポイント リクルートが運営する看護師専門サイト!
第2位 マイナビ看護師
オススメポイント マイナビ運営の本格転職エージェント!
第3位 ナース人材バンク
オススメポイント 紹介実績豊富な人気転職エージェント!
ナース人材バンク