TOPページ < 転職事例 < 外資系企業

外資系企業で働く看護師に転職をする!

→看護師転職サイトランキングを見る

看護師が一般企業に転職する事例は、増えてきています。中には、外資系企業に転職する看護師もいます。ナースにとっては、かなりハードルが高いと思う人もいるでしょう。しかし医療機器メーカーや製薬会社を見てみると、海外の企業であることが多いです。このため、ナースと外資系企業は全く縁のない関係ではないのです。医療機器メーカーや製薬会社の場合、自社で販売している医療機器や医薬品を病院などで売り込むMRの仕事を担当することが多いです。医療の専門的な知識を生かして、医療機器や医薬品の使い方について現場の医者や看護師に説明します。

また医療機器メーカーや製薬会社以外の外資系企業で、ナースの求人が出ることもあります。この場合は国内企業の募集と一緒で、健康管理室や医務室が用意されているので、そこで勤務する形になると思ってください。従業員の健康相談や体調を崩した人に対する応急処置、健康診断の企画などが業務になります。

外資系企業に転職する魅力ですが、給料の高さも見逃せません。個別の求人で条件は変わってきますが、国内の企業と比較すると高い給料で募集されているケースが多いです。ただし外資系企業なので、語学スキルが要求されるということも頭の中に入れておきましょう。 会社に勤務している職員の中には、外国人もいるかもしれません。そうすると、社内でコミュニケーションをとるときには、ある程度の語学力が要求されるでしょう。また医療機器メーカーや製薬会社の場合、医薬品や医療機器の取扱説明書が英語で書かれている可能性も十分あり得ます。そうすると、その内容をしっかり理解できるくらいの英語力が要求されます。採用条件として、TOEICなどの語学試験のスコアの提示を求められることもあります。

また外資系企業の中には、会社によって社風や特徴が異なるケースもあります。このような会社のポリシーや慣わしをしっかりと理解していないと、面接試験をクリアすることは厳しくなります。面接試験を受けるにあたって、会社のホームページなどを確認して、基本的な会社の情報をしっかりと頭の中に叩き込んでおくべきです。しかし中には、いま仕事もしているので、そのような時間がないという人もいるでしょう。その場合には、転職サイトを利用することです。キャリアコンサルタントが面接を受けるにあたって、どのようなポイントに気を付けるべきかをいろいろとアドバイスしてくれます。

外資系企業の看護師求人ならこのサイトで探そう!

第1位 ナースフル
オススメポイント リクルートが運営する看護師専門サイト!
第2位 マイナビ看護師
オススメポイント マイナビ運営の本格転職エージェント!
第3位 ナース人材バンク
オススメポイント 紹介実績豊富な人気転職エージェント!
ナース人材バンク