TOPページ < 基本情報 < ドクターヘリ

ドクターヘリの看護師

→看護師転職サイトランキングを見る

ドクターヘリの看護師について解説する前に、まずドクターヘリについて解説します。ドクターヘリとは、ヘリコプターを使い、緊急救命が必要な現場にかけつけるというものです。ヘリコプターには、施設よりも簡素ではありますが、救命・治療に必要な医療機器などを搭載し、フライトドクターが搭乗します。この時、フライトドクターに同行してドクターヘリに搭乗するのが、ドクターヘリの看護師であるフライトナースなのです。

以前の救命は、救急車などが一般的でしたが、このドクターヘリの登場によって、患者の救命率が飛躍的にアップしたといいます。救急車による搬送の場合、行動範囲は限られていますが、極端なことを言うと、ドクターヘリはどこにでも最短・直線距離で行くことができますので、時間のロスがないと考えられます。

こうしたドクターヘリは震災や緊急救命の際に大変役立っているものですが、残念ながらまだまだ配備が少なく、今後の状況を考えると、増加が急務とされています。さて、このドクターヘリに同乗するフライトナースですが、特に資格が必要というわけではなく、看護師の資格があれば誰でも可能性があります。

ただし、一定の看護師経験、さらに救命緊急センターでの勤務経験や技術認定、推薦などがなくてはいけませんから、なろうと思ってすぐになることができるものではありません。そのため、フライトナースの多くは、10年以上の経験者がほとんどのようです。緊急の患者というのは、状態が刻一刻と変わっていきます。まさに1秒が勝負になるわけで、医師・看護師は迅速な判断と治療・看護が求められます。いわゆる急患よりもハードな状況にあるわけですから、一般の看護師経験だけで勤まるものではないことは想像できると思います。

ただし、看護師として求められるのは従来の看護と同様です。医師はもちろん、救急隊や運搬スタッフなどとの連携を密に取れるコミュニケーション能力、状況判断を的確に行って適切な治療を行える実行力が必要になってきます。このように、フライトナースは大変な仕事のように思えますが、人の命を救うことができるという点においては非常に重要な仕事だと言えますので、やりがいは十分にあるでしょう。

実は、現役のフライトナースの多くが、以前はなろうと思ってもいなかった…という人がほとんどです。どんなきっかけでフライトナースを志すようになるかは人それぞれかもしれませんが、人命救助において重要な任務を背負うことになるのは間違いありません。

ドクターヘリの看護師求人をお探しならエージェントに相談しよう!

第1位 ナースフル
オススメポイント リクルートが運営する看護師専門サイト!
第2位 マイナビ看護師
オススメポイント マイナビ運営の本格転職エージェント!
第3位 ナース人材バンク
オススメポイント 紹介実績豊富な人気転職エージェント!
ナース人材バンク