TOPページ < 基本情報 < 男女比

看護師の男女比

→看護師転職サイトランキングを見る

どこの病院でも看護師の男女比は、ほとんどの場合で3:7程度だと言われています。看護婦が看護師と呼ばれるようになってから約10年余り。男性看護師は年々増えていますが、看護師全体の割合から考えるとまだまだ男性看護師は不足しています。

看護師は女性のイメージが強いので、男性看護師は「肩身の狭い思いをしている。」という話もありますが、現実的には男性看護師を積極的に受け入れている病院もあります。ハローワークでは男性看護師の求人をあまり見かけないかもしれませんが、看護師転職サイトでは男性看護師専門の求人特集を組んでいるところもあり、女性と同様に多くの需要が見込まれています。

手術室・泌尿器科・透析室・精神科などは特に男性看護師の求人も多く、特定の診療科は看護師の男女比が5:5という割合でバランスをとっているところもあります。看護師転職サイトでの求人情報の男女比は、病院側の需要に比例しますが、多くの場合は男女比2:8〜3:7程度の割合で掲載されています。

男性看護師の求人。女性看護師の求人。というのは、病院の規模や診療科・地域などによってバラつきが見られます。産婦人科のように診察する対象が女性のみ。という場合や、内科の女性外来を除いては、男性看護師の求人に制限をかけているようなことはありません。一見小児科などは女性看護師に限られているようなイメージもありますが、総合病院や大学病院では男性看護師の姿も見られます。

一般的には女性看護師の求人が多いので、男性看護師の需要が低いと思われているようですが、看護師転職サイトで検索をかけると男性看護師の求人もきちんと掲載されています。また、看護師転職サイトによっては、男性・女性と性別を明記することなく求人情報を掲載していて、この場合は性別に限らず看護師資格を持っている人が募集対象である。ということになります。

総合病院から診療所・訪問看護・献血センターなど、日本全国多くの場所で看護師は常に人手が足りません。どこの病院で男性看護師を急募しているのか。どの診療科で女性看護師の需要が高いのか。実際に現場の声を求人情報に反映している看護師転職サイトを利用して、あなたのその目で看護師の求人需要が高いことを確認して下さい。

お薦めの転職エージェントをご紹介!無料サイトのみ!!

第1位 ナースフル
オススメポイント リクルートが運営する看護師専門サイト!
第2位 マイナビ看護師
オススメポイント マイナビ運営の本格転職エージェント!
第3位 ナース人材バンク
オススメポイント 紹介実績豊富な人気転職エージェント!
ナース人材バンク