TOPページ < 待遇 < 長期休暇

看護師の長期休暇

→看護師転職サイトランキングを見る

病院に勤務する看護師の多くは、大きく分けて外来勤務と病棟勤務になります。外来勤務の場合は、病院の休診日は休日です。病棟勤務の場合は、24時間365日患者さんのケアをしなければならないので、看護師の休日は日勤・準夜勤・夜勤の3交代でシフトを組んで管理されています。

看護師は長期休暇を取りにくいようなイメージがありますが、実際には勤務条件どおりに多くの看護師が長期休暇を取っています。もちろんいつでも取れるというわけではありませんが、外来勤務の場合は、病院の休診日を挟んで前後に休暇を取ることが可能です。例えば土日が休診日の病院では、金曜日から月曜までの4日間。お正月休みも取ることができます。

病棟勤務の場合はシフトを調整してからになりますが、病院の救急日などに出勤しておいて、その後長期休暇を取るという方法もあります。長期休暇の条件や取り方は病院によってスタイルが違うので、看護師転職サイトで希望の病院を比較してみて下さい

「個人病院は人数が少ないから、長期休暇は取れないのでは?」「病棟の方がシフト調整がつきやすいのでは?」と思われがちですが、これも各病院によってまったく違います。看護師は患者さんの命をケアする仕事です。そのケアする側の看護師が疲労困ぱい状態では、業務上のミスにつながりかねません。毎月ある休日も大切ですが、長期休暇でなければできないこともあります。

心身ともに健康であることが、看護師の実務能力と迅速な対応につながります。どの程度の長期休暇を取ることができるのか。長期休暇に対応してもらえるのかなど、病院の勤務条件をしっかりチェックしておきましょう。家族がいる人などが優先されることもありますが、それは長期休暇の希望日だけで、全ての看護師に長期休暇の権利はあります。

また、長期休暇中でも医師のように病院に呼び戻されるようなことはありませんが、専門職であるがゆえに休暇中の連絡先を届ける病院もあります。いずれにしても看護師の仕事に長期休暇は取れない。というのは間違いで、病院によっては1週間程度取ることができる場合もあれば、お盆やお正月を長期休暇としているところもあるので、自分のライフスタイルに合わせて転職先を探しましょう。

長期休暇の取得が可能な職場をお探しならこのサイトでの検索がオススメ!

第1位 ナースフル
オススメポイント リクルートが運営する看護師専門サイト!
第2位 マイナビ看護師
オススメポイント マイナビ運営の本格転職エージェント!
第3位 ナース人材バンク
オススメポイント 紹介実績豊富な人気転職エージェント!
ナース人材バンク