認定看護師の研修

→看護師転職サイトランキングを見る

認定看護師は、特定の看護の分野において、高水準の看護を実践・提供する、看護師の中の看護師、看護師の専門家です。また、他の看護者への指導・助言・コンサルティングなど、上位者としての役割を担うこともあります。

では、この認定看護師になるためには、どういった条件が必要なのでしょうか。まず、国家資格たる看護師免許を持っていることは必須です。そして、実務経験がなくてはなりません。認定で定めているのは、5年以上の実務経験です。そして、実務経験の内、3年以上は、認定を受ける分野の実務経験がなくてはならないのです。そして最後が、600時間以上の研修です。看護師協会が認定した、認定看護師教育課程を修了しなければならないのです。その後、認定審査という名の筆記試験を受け、合格すれば晴れて、その分野の認定看護師になることができます。この認定看護師の特に大変な部分、認定看護師教育課程とは、どういった研修なのでしょうか。

まず、大きく分けて座学と実習に分かれます。座学と実習の比率はだいたい1:1程度です。さて座学ですが、座学では、どの分野でも共通している共通科目と、その分野の専門科目を学びます。比率からすれば1:1くらいです。共通科目は、看護師としての知識をより深く、そしてマネジメントの部分まで勉強していくことになります。指導や相談を受けたりするわけですから、そうしたテクニックも知らなくてはならないわけです。

そして専門分野は、多岐にわたりますが、およそ他の看護師は決して学ぶことのないような、高いレベルの内容を学んでいくわけです。単なる経験や技術ではなく、それを裏付ける知識がなければ、指導も説明もできませんから、多くの時間をかけて学んでいくわけです。

そして実習ですが、演習と臨地実習に分かれます。演習は、座学で学んだことを応用的に考えるもので、発展的でより実践に近い内容を勉強することになります。その演習が進めば、臨地実習となるわけです

。臨地実習では、実際に病院や施設などで実際にその分野の看護を行い、認定看護師に求められる実践力を養っていきます。知識があっても、その看護を実践できなければ意味がありません。認定看護師は、知識もあり、技術もあることを強く求められますから、この臨地実習も徹底的に行われます。時間にすれば全体の1/3を費やすことがほとんどです。

このように認定看護師の研修は多くの時間をかけて様々なことを学びますが、最終的な目的は患者さんのための看護であることは言うまでもありません。

認定看護師の求人探しならコチラ↓の転職エージェントがオススメ

第1位 ナースフル
オススメポイント リクルートが運営する看護師専門サイト!
第2位 マイナビ看護師
オススメポイント マイナビ運営の本格転職エージェント!
第3位 ナース人材バンク
オススメポイント 紹介実績豊富な人気転職エージェント!
ナース人材バンク