TOPページ < 認定看護師になるには

認定看護師への道

→看護師転職サイトランキングを見る

日本看護協会の認定検査に合格し、特定された看護分野の高いスキルを持っている看護師のことを認定看護師と呼びます。まず、認定看護師になるには、看護師としての実務経験が5年以上必要になります。この5年間のうち3年以上は、特定分野の看護経験が必要で、更に認定看護師教育課程を修了しなければなりません。修了後に認定検査である筆記試験に合格して、初めて認定看護師として名のることができるわけです。

どの分野で実務経験を積むかにもよりますが、感染管理・手術看護・小児救急看護・透析看護など、現在21の看護分野が特定されています。認定看護師教育課程というのは、日本看護協会が設定した教育プログラムで、専門基礎科目・専門科目・共通科目など、6ヶ月以上の連続した授業を615時間以上受ける必要があります。認定検査は毎年1回で、それぞれの特定分野は全国の看護研修センターや看護大学で学ぶことができるようになっています。

認定看護師としての資格は5年で、5年ごとに日本看護協会の更新審査を受けなければなりません。いずれも認定料や審査料が必要になりますが、認定看護師に登録されることで特定分野でのスキルを証明できるわけですから、その分勤務条件の待遇に反映させることができます。また、登録された後は、日本看護協会のサイトに名前が掲載されます。

ただ、認定看護師教育課程を受けるということは、通常勤務が一時的にできなくなるということ。認定看護師教育課程は昼間しか受けることができないので、現在看護師とて日勤で働いている場合は、時間を割くことが難しいという問題があります。病棟勤務の夜勤と準夜勤を組み合わせることができれば良いですが、日本看護協会では教育課程中の勤務は認めていないので、現実的にはなかなか難しいと言われています。

認定看護師教育課程を受けることができるかどうかは、勤めている医療機関によっても違いますが、キャリアアップ支援制度がある場合は、それを利用して認定看護師になることができます。看護師専門の転職エージェントでは、どこがキャリアアップ支援制度に対応しているのか確認することができるので、「うちの病院では難しいかな。」と思ったら、転職先の参考資料として調べてもらいましょう。認定看護師にならなければ給料アップしないわけではありませんが、上を目指すためには必要となる最初の資格です。

認定看護師の求人探しならコチラ↓の転職エージェントがオススメ

第1位 ナースフル
オススメポイント リクルートが運営する看護師専門サイト!
第2位 マイナビ看護師
オススメポイント マイナビ運営の本格転職エージェント!
第3位 ナース人材バンク
オススメポイント 紹介実績豊富な人気転職エージェント!
ナース人材バンク